国際結婚で婚姻届をスムーズに受理してもらうためには

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここ最近では、一般的となってきた国際結婚ですが、まず結婚して最初にすべきことは、役所に書類を届け出て、婚姻届を受理してもらわないと法律で認められたことになりませんよね。

日本人同士とは違い、パートナーの国の法律もそれぞれ違いますので、揃えないといけない書類をも変わってきます。

私の場合は、主人の国が、戸籍制度のない国なので、身元を証明するために提出したのが以下の書類になります。先に主人の国で結婚式をあげたので、その時の結婚証明書に記載してある内容も重要視されました。 

外国人の方の必要書類

1. 主人のパスポート

2. 主人の出生証明書 (要日本語訳:A4用紙に私が日本語訳を記載して、最後に署名と印を押しました。)

スポンサーリンク

3. 主人の国で結婚式を挙げた結婚証明書 (要日本語訳)

(結婚証明書の中に、独身であることが記載されていました。)

日本人の方の必要書類

1. 婚姻届書

2. 戸籍謄本(本籍地が違う住所の場合)

 

私の場合は、この書類で受理されました。外国で取得した書類の有効期限は6ヶ月有効と、日本の有効期限3ヶ月よりも長いので、先に外国からの書類を取得し、日本で必要な書類を集めると効率的に進むかもしれないですね。

まずは、この婚姻届書が受理されなければ、次のステップのビザの申請もできませんので、スムーズに受理されるといいですね。

「スポンサーリンク」

 

 

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*