カロリー計算は程々に、賢くダイエットする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんこんにちは!お元気ですか、毎日 Japatour のニュースを見に来て頂いてありがとうございます。このサイトは無料で日本の色々な地域のニュースをお届けするサイトです。URLは japaspot.com です

 

 

毎日の食事をカロリーに配慮したものにすることは、ダイエットを開始するに際して、高く感じるハードルの一つではないでしょうか。しかし、ダイエットを成功させるためには、食材とカロリーとの関係について、ある程度は理解しておくことが重要になります。

 

いちいちカロリー計算をすることは、大変なことだと思われるかもしれませんが、ダイエットを成功させるために、カロリーの知識を持っておくようにしましょう。カロリー計算をしたことのない人が、食事のカロリーを把握しようとすると、調味料の砂糖やみりん、調理に使う油分の計算までしないといけないと考えるかもしれません。

 

数え漏らし、チェック忘れがないか確認しながら、各食材や調味料のカロリーを一つ一つ見ていくと、時間が非常にかかります。細かい計算ができる人なら構いませんが、それでは毎日続けるのは難しいという方は、まず、大体の概算で確認したほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

 

主な食べ物ごとのカロリー量を大まかに把握しておくことで、一回の食事で摂取する食事量を知ることができます。カロリー量をぱっと見てわかるようにするには、どの食材でも、80kcalはどのくらいの塊なのかをチェックするようにします。コツは80kcalごとの食品の固まりをつくっておくことで、一回の食事で80kcalの固まりをいくつ食べたかを把握します。

 

これはメタボ解消や、生活習慣病の改善のためにカロリー計算をする時使用される方法で食事のカロリー量をはかります。例に出すと、80kcalとは、卵1個分、ご飯茶碗に1/2杯分、魚の切り身が一切れ、牛乳コップ1杯に相当しますので、これを計算していくと合計カロリー量がわかります。

 

もしも、1日1600kcalの食事をしたいという場合は、1日に摂取する食事は80kcalのかたまりを20種類食べられるということになります。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*