ロマンチックな関係ではなく友達止まりになっているサイン

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんこんにちは!お元気ですか、毎日 Japatour のニュースを見に来て頂いてありがとうございます。このサイトは無料で日本の色々な地域のニュースをお届けするサイトです。URLは japaspot.com です

 

過去に失恋を経験したことがあるかどうかにかかわらず、あなたが最愛の人に優先されていないのはとても悲しいことです。それは身が引き裂かれる思いになるかもしれません。 いずれにせよ、あなたは相手にとって友達の域を抜け出せていない可能性があります。

 

一部の人にとっては、フレンドゾーンへの導入は、どんな種類のロマンチックな関係になる前に起こります。 そして他の人にとっては、それはあなたの長期的関係の最初のストップ地点かもしれません。 

 

  1. 気まぐれに喜ばせるために何かをする

 

あなたのパートナーを幸せにしたいのはもちろん当たり前ですが、あなたが実際にロマンチックな関係にないのであれば、あなたの過度な行動は容易に友達ゾーンになることでしょう。例えば夕食に出かけるとします。その人がただの友達であるならば、あなたはお互いを発見することに問題はありません。 ただし、ある人がフレンドゾーンにいる(つまり、1人だけがもっと先にある何かを望んでいる)場合は、単に夕食に欲しいものを尋ねるだけでは不十分で、彼の好物を聞き出し、それを作って彼の胃袋を掴むチャンスに飛びつくでしょう。

 

このような過度に積極的な行動は、明らかに平等なパートナーシップにはなりません。つまり、事実に立ち向かう時が来たということです。 あなたは友達ゾーンに収まってしまいます。

 

  2. ロマンスがない

 

明らかに、プラトニックな関係とロマンチックな関係を分け決定的なポイントがあります。 そもそもロマンスがなければ、良い兆候ではありません。 その関係は少しリフレッシュする必要があるかもしれません、その場合、あなたはロマンスを再燃させることを試みることができる方法があります。 しかし、やはり、ロマンスが完全に欠如しているのであれば、この人との関係に対するあなたの希望がただの夢に過ぎないことを受け入れる時が来ました。

 

3. 彼の仲間である

 

あなたの「友達」が本当にあなたを仲間以上のものではないと認識しているのに、あえて女性の役割を果たそうとする必要はありません。ロマンチックな関係の基盤として友情を持つことは素晴らしいことですが、パートナーに加えて友だちであることとただ仲間同士であることの間には細かい線があります。

 

ほとんどの関係で、少なくとも最初の数ヶ月間、人々は通常自分の最高の自分を見せることを目指しています。 しかし、あなたを友達として考えている人は、そんなことを気にしません。 パブで一緒に手羽先を平気で食べ、その後のことを全く心配することもないということです。

 

4. あなたに触れない

 

ロマンチックな感情を持ち、実際に親密になることは2つあります。 あなたはその人に対してロマンチックな感情を持っているかもしれませんが、恋愛関係になるにはお互いに物理的な魅力がある必要があります。 親密さがなければ、あなたの関係は成就しないでしょう。 

 

5. 常に第三者を呼ぶ

 

友達と付き合うことは重要ですが、2人だけの時間を逃してしまうと、それは悪い兆候です。 充実した時間は、あらゆる種類のロマンチックな関係を築く上で非常に重要です。また、常に他の人々に囲まれていると、それを得ることは不可能です。 言うまでもなく、この人が本当にあなたとデートしたいのであれば、彼らはあなたの周りにいたいと思うでしょう。「もしあなたが彼/彼女の愛情の対象であれば、彼らは他の誰かが一緒に過ごすことを望まないでしょう。」

スポンサーリンク

 

 6.あなたの感情は満たされていない

 

人が友人ゾーンにいるとき、彼らは満たされたと感じません。「その人が欲しいものや必要なものを手に入れていないからだ」言われます。「すべての良い関係は、相互に満足のいくギブアンドテイクがあるので、それなしでは最終的には良い気分になることはできません」。

 

7. いつもあなたを他の人とカップルにしようとする

 

今、これはかなり明白な警告サインであるはずです。しかし、驚くことにこれは、多かれ少なかれ、関係の物理的部分にまだ入っていない人に当てはまります。 ここまであなたは友達だったのですが、今、あなたはもっと何かを望んでいます。 彼がそのことに気づかないで、あなたに恋人候補を紹介することは自然ですが、 しかし、このややこしい動きの中で、正直になる方がよいということに安心してください。

 

次回、あなたの「友達」が、あなたとその紹介された人がどれだけ相性がいいかと話前に、自分の気持ちを友達に伝えます。 あなたと彼が事実を知っているという事が大事なので、あなたは自分の気持ちに正直になるべきです。

 

8. 常に彼の恋愛相談に乗る

 

彼氏から彼女、ただの友達まで、あなたの生活の中で人々に恩恵を求めることはかなり普通です。 あなたが何かを必要とするとき、あなたが愛する人は手助けをするためにそこにいます。 しかし、私たちがフレンドゾーンについて話しているとき、友人の恋愛話に付き合わないといけないかもしれません。

 

例えば、彼が他の人と性的関係にあり、彼女に妊娠の疑いがあるなど、そのような相談を容易に受けるようになっては、友達ゾーンから抜け出すのは難しいかもしれません。

 

あなたが誰かを好きなとき、あなたが得るあらゆる機会に彼らの名前を出すことは一般的です。 会話の中で、頻繁に名前を上げて、褒めるということはとても相手にとって嬉しいことだと思います。しかし、会話の中で、彼があなたの名前もほとんど出さず、むしろ名前すらなかなか呼んでくれない場合彼はあなたと同じ気持ちだということは到底言い難いでしょう。

 

10. 関心のない相手

 

あなたが他の人を変えるのはあなたの役目だと思うのは壮大な考えです。 たとえ誰かがあなたに、深い関係には興味がないと言ったら、彼のそのアレルギー反応をロマンスに変えるのはあなたであることは間違いありません。 あなたは、彼が落ち着く準備ができていること、そしてあなたが彼を待っているのだということをあなたの“友人”に気づかせるのです。

 

一緒に時間を過ごせない人と、ロマンチックな思いやりを持って過ごすことは可能でしょうか。 そして、あなたは本当に人生を削り、時間を無駄にしたいですか。 このような状況では、注意することが最善です。あなたは同じ経験をしてきた誰かから1つか2つのことを学ぶことができます。 なぜ彼女が友人ゾーンに繰り返し居座ったのかを説明しています。 それは、曖昧な関係に甘んじていて、まだ相手が一人に落ち着く準備ができていなかったり、他に運命の相手を探している場合が多いのです。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*