意見が別れた時の効果的な対処方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんこんにちは!お元気ですか、毎日 Japatour のニュースを見に来て頂いてありがとうございます。このサイトは無料で日本の色々な地域のニュースをお届けするサイトです。URLは japaspot.com です

 

個人的であろうとプロであろうと、あらゆる関係において、少なからず意見の相違があるでしょう。 あなたは人々が常に同意し、お互いを理解し合う環境を見つけることは決してないでしょう。 それは幻想であり、現実的ではありません。

 

これは、意見の相違を効果的に扱うために私が長年かけて学んだ7つの非常に単純だが効果的な方法です。

 

  1. 理解するように努める。

 

彼らはお互いを理解していないとき人々は同意しない傾向があります。 一方の当事者が話を聞きたくても、忙しくて理解しようとする時間を費やしていないとき、意見が食い違う事が多いようです。 私たちのほとんどは、相違点よりも類似点が多い方が、別の見方を容認し、そして受け入れることを始めることができます。 だから最初に、理解し、感謝するように努める。 それはあなたが同意しなければならないという意味ではありません、あなたが彼らに意見を聞くことにオープンであるということだけです。

 

2. あなた自身の枠を越えて見なさい。

 

多くの意見の相違は、誰かが言われたことによって引き起こされることから生じます。 引き起こされるのは、通常、自分の限界に対する恐れと認識です。 過去に何が起こったとしても、あなたは自分の枠を乗り越える方法を見つけなければならず、たとて相違があってもあなたを傷つけることはないのだという概念で、新しい環境に入っていく必要があります。

 

3. 違いではなく類似点を探します。

 

私のクライアントとの協力から、意見の相違を解決するための最善の方法は共通の根拠を探すことであることがわかりました。 違いに集中するとスペースは広くなりますが、共通のものを探すとギャップを埋めるのに役立ちます。 あなたが次に意見の相違を感じたときは、たとえあなたが柔軟な対応をしなければならないとしても、合意のポイントを探してください。

スポンサーリンク

 

4. 良いリスナーになりましょう。

 

意見の相違がある場合は、両当事者の意見を聞くことが重要です。 そして好奇心を強く持ち、心をオープンにし、批判しない、良いリスナーであることが重要です。 良い聞き手は十分な注意を払い、必要に応じて説明を求め、そして防御的または議論的にならずにさまざまな意見を聞くことができます。 聞くための最善の方法は黙っていることです。 それがあなたが学ぶことができる時なのです。

 

  5. 自分の感情に責任を持ってください。

 

特に激しい意見の不一致では、非難をし、言い訳をするのは簡単です。 それを解決するためには、あなたは自分自身に正直であり、あなた自身の感情に対して、そしてあなたの解釈に対して全責任を負わなければなりません。

 

  6. 約束をする。

 

激しい意見の不一致の時に、片方または両方の当事者が投げ出そうとする事があります。 あなたが本当に問題の中心に到達したいのなら、相手があなたの関係へのコミットメントを理解していることを確認してください。 あなたがその行動に問題を抱えていたとしても、それとこれとは別にしないといけません。

 

7. ポジティブな言葉を使う。

 

呼び捨てをされたり、否定的な方法で話されたり、過去に行った悪いことを聞かされるのは誰でも気持ちよく思いません。 あなたが否定的に話しているならば、あなたはその人を傷つけてシャットアウトするでしょう。 あなたが言おうとしていることにポジティブな内容をたくさん使う事ができれば、意見の相違がより迅速かつ容易に解決される可能性がはるかに高いです。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*