体脂肪が蓄積される仕組み

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よく耳にするのが、食事を摂るときに炭水化物を全く摂取しないというダイエット方法を実践している人がいます。炭水化物ダイエットと呼ばれるこの方法、元来、糖尿病の治療のために行われていた食事療法でした。効率よく体重を減少させることにも役立ってくれるダイエット方法として広く知られています。

 

炭水化物ダイエットの場合、一つやり方を誤ると、ダイエットがうまくいく前に体調を崩してしまうことがあります。効果のあるダイエット方法ですが、行う際には事前に正しい方法や痩せる理由をしっかり理解しておく必要があります。漠然と、炭水化物のない食事をしていれば炭水化物ダイエットだろうという姿勢で取り組んでいると、リバウンドの可能性も上がります。

 

体内に分泌されるインスリンというホルモンを少なくして痩せることが、炭水化物ダイエットの主旨となります。血糖値を低くするために、インスリンは分泌されます。インスリンが分泌されることで、脂肪が蓄積されやすくなります。

スポンサーリンク

 

インスリンは糖質を摂取することで分泌され、インスリンの働きが強いほど、体脂肪が蓄積されてしまうことになります。つまり、体内で糖に変わる炭水化物を取り入れなければ、インスリンの分泌量が減り、脂肪が溜め込まれにくくなって、ダイエットになるのです。

 

炭水化物抜きダイエットの場合には、しっかりとカロリーを摂取することが必要であり、摂取カロリーが少ないと、体調を崩す原因となります。炭水化物ダイエットをする場合でも、最低でも基礎代謝分のカロリーは食事から補給しておきましょう。そもそも糖質制限をしていれば、それでも十分ダイエットができるからです。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*