大阪と広島のお好み焼きの違いに驚くほどショックを受けた2人の外国人

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヒロシマと大阪のスタイルお好み焼き

 

この短い記事では、広島と大阪のお好み焼きを食べ比べて驚くほどショックを受けた2人の外国人を紹介します。 彼らのビデオを見たい場合は、下のリンクをクリックしてください。 彼らが食事中に何について話したのか見てみましょう。 

 

パンケーキや焼きそばが大好きなら、この広島風お好み焼きを試してみてください。 お好み焼きは、焼きそば(通常は焼きそば、うどん)、エビ、キャベツ、ベーコン、卵がいっぱい入った究極のおいしいパンケーキです。 それに、素晴らしいお好みソースをかけた食べ物です。お好み焼きを嫌いな方がいるでしょうか。ほとんどいないでしょうね。

 

基本的な成分は、麺の追加を除いて、大阪風お好み焼きに似ています。 違いは調理方法にあります。 ヒロシマスタイルお好み焼きは、生地が下の薄い層だけを構成している層状のパンケーキです。 大阪風お好み焼きは、食材に練り粉を混ぜた、より華やかなパンケーキ風です。 どちらも同様に美味しいので、それは好みの問題です。

 

お好み焼きは、第二次世界大戦中に米が不足したときに日本で人気になりました。 このパンケーキはほんの少しの小麦粉と利用可能などんな野菜や食材でも作ることができます。 それがいっぱいだったので、それはしばしば子供たちへの軽食として役立ったそうです。 具材の中で、キャベツは唯一の必須食材であるように見えます。 いくつかの特別な成分がそれをもう少し「本物の」味にするけれども、残りは「あなたが好きなように」です。 お好み焼きソース、青のりフレーク、かつお節フレッシュは、アジアの多くの食料品店やオンラインで購入できます。

スポンサーリンク

 

大阪風お好み焼き

 

大阪風お好み焼きは、卵、細切りキャベツ、小麦粉など、すべての材料を混ぜて調理します。 混ぜたねり粉を熱い鍋に注ぎ、丸い形を作ります。 それは通常シーフードや肉のトッピングが付属しており、これはフライパンで別に焼きます。 あなたはお好み焼きを肉や魚介類のトッピングにひっくり返してから、最後にソース、マヨ、そして他のトッピングを加えることができます。 典型的には、大阪風のお好み焼きレストランでは、各テーブルにグリルがあり、顧客が自分でお好み焼きを作ります。

 

広島風お好み焼き

 

広島風お好み焼きは、大阪風と同様の食材を使用していますが、最大の違いは、大阪風はすべての食材を混ぜ合わせるのに対し、広島風は各食材を重ねることです。 また、広島風には、焼きそばが必ず入っています。 お客様がお好み焼きをつくる大阪風とは異なり、広島風お好み焼きを提供するレストランは、シェフによって作られ、皿の上で提供されます。

 

この動画を観たい方はこちらをクリック

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*