南太平洋ソロモン諸島の歴史と日本との関係

スポンサーリンク
スポンサーリンク

少なくとも3万年前、ニューギニアからの最初のパプア人の入植はソロモン諸島で起こったと考えられています。 ソロモンで話されている言語の大部分はこの時代から由来しています。

スペインの探検家Alvoro de Mendanaは、島々を公式に視察し、ガダルカナル島に金を発見した最初のヨーロッパ人でした。 彼は自分がソロモン王の富の源を見つけたと信じ、島を「ソロモンの島」と名付けました。 1595年と1605年に、スペインは島を見つけて植民地を確立するためにさらにいくつかの探検隊を送りましたが、これらの試みは失敗しました。 1767年、イギリス人はサンタクルス島とマライタを発見しました。 1900年までにソロモン諸島はイギリスの保護領でした。

 

第二次世界大戦の歴史

 

ソロモン諸島は第二次世界大戦の主要な戦地でした。 それは、1942年の最初の6ヶ月間にイギリスのソロモン諸島とニューギニアのブーゲンビルのいくつかの地域に日本が上陸したことから始まりました。

 

日本軍はこれらの場所を占領し、彼らの土地を保護するためにいくつかの海軍と空軍基地の建設を始めました。 アメリカ合衆国、オーストラリア、ニュージーランドの連合軍は、ニューギニアで対抗攻撃を開始し、ラバウルで日本軍基地を隔離し、ソロモンで日本軍を攻撃しました。

多くの戦いが続き、連合軍は結局日本軍の資産に多大な損失を与え、日本軍を滅ぼした。 1942年から1943年までの6ヶ月間、ソロモン諸島は、ほぼ一定の戦闘の舞台になり、一般的にはガダルカナルの戦いと呼ばれ、戦争の転換点と言われています。

 

ヘンダーソンフィールド(現在はホニアラ国際空港)

 

ヘンダーソンフィールドはもともと日本人によって第二次世界大戦中に建てられたもので、元軍事飛行場です。 建設は予定より早く建設を終えるため、1942年8月6日に建設部隊は建設を急ぎました。

 

1942年8月7日、アメリカ人が到着しました。 フィールドは完成しておらず、彼らは日本の擁護者を圧倒して、日本軍の飛行機が置いてある基地を攻撃しました。 ミッドウェイの戦いで命を落とした指揮官であった少佐ロフトン・ヘンダーソンに敬意を表してヘンダーソンフィールドと名付けられた飛行場は、戦いの間に死んだ最初の海兵隊員になりました。

スポンサーリンク

 

アメリカ海兵隊はヘンダーソンフィールドを守り続けました。なぜなら、日本人にとってその地域がどれほど重要であるかを認識していたからです。 しかし、日本人はこの島にアメリカ人が何人いるかを過小評価していた。 最初、日本人は撤退し、その後100人の日本兵が戦いました。 戦闘は約1時間続き、アメリカ人は日本人を圧倒しました。 日本人による2回目の攻撃が間もなく開始され、再び彼らは敗北しました。 しかし、日本人はあきらめることをいとわず、代わりの攻撃方法を探しました。 水から前進した後、彼らは3度目の敗北を遂げました。 戦いは一日中続き、激しい戦闘の日の後、アメリカ海兵隊は日本軍を破りました。

 

戦後、ヘンダーソンフィールドは近代化の後放棄され、1969年にホニアラ国際空港として再オープンしました。

 

戦後

 

イギリスが公式の地方議会のネットワークを設立し、島民が中央政府に参加し始めたため、1950年代にソロモン諸島に安定性が回復しました。 最初の全国選挙は1964年にホニアラで行われ、1967年に最初の総選挙が行われました。

 

1974年、ウェストミンスター政権が導入されました。

 

1973年に世界経済が原油高に見舞われたため、ソロモン諸島を支援するための経済的費用はイギリスにとって困難になりました。1976年1月に自治が承認され、1978年7月7日にソロモン諸島の独立が承認されました。 。

 

1999年、部族内での対立が首都で発生し、2003年にはオーストラリア、ニュージーランド、フィジー、パプアニューギニアに平和と安全の交渉に協力を求めました。 今日でも支援は提供されていますが、コミュニティの警備と持続可能な地域産業の発展に焦点が当てられています。

 

今日のソロモン諸島

 

第二次世界大戦の島々やソロモンの人々への影響は大きかった。 戦争の残骸はほぼ至る所にあります – 今日、あなたはジャングルの中、ビーチの外、そして海の底に遺物が点在しているのを見るでしょう。 これらの残骸は私たちの島を歴史愛好家、ダイバーそしてエコツーリズムにとって同様に意味のある場所にしていると思います。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*