口臭の原因の一つである食べ物

スポンサーリンク
スポンサーリンク

口臭の原因として最も多いと思われる「食べ物」についてお話したいと思います。
大抵の人は、食事をとった後、少なからず口の中が臭うものです
ですが、周囲や自分自身が不快に感じるほどの臭いを生じる食べ物となると、かなり限られてきます。
そんな、口臭の原因となりやすい食べ物をいくつかピックアップしていきましょう。

 

 

まず、にんにく。
これは多くの人が認識している「口臭の発生しやすい食べ物」でしょう。
ある意味、口臭の原因の代名詞とさえいえる食品です。

にんにくには、「AMS」という特有の臭いを生じる物質を含有しています。
この物質は体内で非常に分解されにくい性質を持っており、そのために臭いもなかなか消えず、いつまでも臭いまま…となってしまうのです。

 

しかも、少量でも臭いが発生するので、にんにく入りのギョウザをはじめ、にんにくを使った料理を食べた後は、多かれ少なかれ口臭がしてしまいます。

さらに、にんにくの臭いは体内で分解されず、血液に溶け込むケースもあります。
そうなると、汗腺からあの悪臭がしてしまい、体中が臭くなるというケースも珍しくありません。
口臭だけに留まらない、非常に厄介な臭いなのです。

スポンサーリンク

 

 

また、ネギもにんにくと同じ種類の物質を有しています。
「アリシン」というもので、これは細胞が壊れた際に臭いが発生します。
ネギは薬味にするために細かく刻む事も多く、その場合はかなり強い臭いが発生します。
当然、口の中で噛んだら同じように臭いが生まれ、口臭となるのです。

 

 

この他、焼き肉、キムチ、納豆、コーヒーなどが悪臭の原因となる事が多い食べ物として有名です。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*