歯磨きの磨き残しをなくして口臭予防をしよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

食べ物が原因で口臭が発生するケースでも、単に食べた物の臭いが原因というわけではなく、「磨き残し」が原因で口臭が発生するというケースも非常に多く見受けられます。
このケースにおける最大の問題は、「歯磨き」です。
通常、歯ブラシと歯磨き粉を使い、隅々までしっかりと歯磨きをすれば、食べ物のカスは口内から消え、臭いの元はなくなるのですが、歯磨きを適当にしてしまうと、食べカスがいつまでも口の中に残り、それが悪臭の原因となってしまいます。

 

 

歯磨きをしっかりしない人は、幼少期から歯磨きを軽視していた人がほとんどです。
完全な生活習慣なので、強く意識しない限りはなかなか改善できません。
そういう意味では、少々厄介な問題でもあります。

磨き残しによって口内に残った食べカスは、多くの場合、歯と歯の間か、歯茎のすき間に溜まります。
そこで発酵し、臭いを発するのですが、ここでさらに厄介な問題が生じます。

 

食べカスが発酵すると、「歯垢」となるのです。
この歯垢がクセ者で、硬化して歯や歯茎に付着し、そのまま居座り続けます。

スポンサーリンク

硬化した歯垢は歯磨きで取り除く事はできません。
その上アセトン等の物質を作り出し、いつまでも口臭の原因となり得ます。

 

しっかりと歯磨きしているのに口臭が消えないという人は、既にこの歯垢が付着したままの状態になっている可能性が濃厚なのです。

歯磨きは、本来は一回につき何分も使って行う必要があるのですが、なかなかそれを実践するのは難しいものです。
特に子供は、少しでも早く終わらせたいと、かなり雑に磨く事が多いですね。
それが、口臭の大きな原因となってしまうのです。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*