夏のフィリピンを乗り切る方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4月と5月に、フィリピンの地元の人々は非常に暑くて湿気の多い気候を経験します。 そして、ほとんどの人がビーチへ向かうのに最適な時期としてこの季節を楽しみにしていますが、一度あなたが街に戻ったら、暑さから逃げることは不可能です。 フィリピンで夏を生き残るためのヒントをいくつか紹介します。

 

水分補給を続ける

 

体温を下げるために、この季節には必ずたくさんの水を飲んでください。 あなたは自分自身を水和させ続けるために食塩水またはタブレットを常備しておいても良いかもしれません。 夏は注意を払う時間でもあり、熱ストレスや熱射病を防ぐために一日中水分補給しておくべきです。

 

軽くて冷たい布でできた服を着る

 

長期間太陽の下で過ごして水分を補給するのとは別に、身に着けているものが体の体温調節に影響することがあります。 冷たい、通気性のある綿、レーヨン、シャンブレー、リネンなどの生地でできたゆったりとした服を着ることをお勧めします。 黄色やオレンジ色のような明るい色のトップスは太陽の熱をはね返すことができるので、服の色も重要な役割を果たします。

 

フローズンデザートや飲み物で体を冷やす

 

サマータイムはアイスクリーム、アイスキャンデー、そしてハローハローと呼ばれるお気に入りのアイスパイパンデザートなどの冷たい、冷たいお菓子を楽しむのに最適な季節です。 これらのフローズンデザートが甘すぎるなら、フルーツシェイク、スムージー、サゴグラマン、ブコジュースなどの冷たい飲み物はきっとあなたの渇きを癒してくれるでしょう。

 

モールへ

 

暑さが自宅で耐えられなくなりすぎて扇風機を最高速度にするだけでは涼しくならない場合は、次に検討する選択肢として、近くのショッピングモールに向かいます。 あなたが近くに住んでいるなら便利で良いですね。あなたが地元のモールの中で涼むのは、電気代の節約にもなりますね。

スポンサーリンク

 

涼しい場所を訪問

 

フィリピンは一般的に暑い季節に日焼けするのに最適な目的地ですが、すべてのフィリピン人が暑さに耐えたいとは思わないでしょう。 幸いなことに、ビーチで日焼けをしたくない人のために、あなたが数日間でも暑さから逃れるために訪れることができる全国に涼しい場所があります! パインズ市として知られるバギオ市は、夏の首都としてタグ付けされたまま、トップの座に残っています。 その他の有名な避暑地はタガイタイ市、バタンズ、サガダ、ネグロス、そしてブキドノンです。

 

泳ぎに行く

 

あなたの町や州が水泳に適した海水を持っていなかったり、ボラカイ島や他の白砂のビーチへの旅行には費用がかかり過ぎるのであれば、たくさんのスイミングプールやウォーターパークがあるので気にせずに。 また、混雑した公共プールを避けたい場合は、プライベートリゾートを借りるか、ホテルやスポーツクラブに行くか、自宅でインフレータブルガーデンプールを設置することを選択できます。

 

このビデオを観たい方はこちらをクリック

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*