ストレスが口臭の原因になる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

口の中の臭いというと、食べた物の臭いを連想する人が多いと思われます。
しかし、実際にはそれだけではありません。
口臭は、自分の身体の臭いでもあるのです。
つまり、体調によってその臭いは変化するという事になります。

 

口臭の原因として考えられる、体調に関するトラブルとしてよく挙げられるのは、「ストレス」と「唾液に関する病気」です。
まずストレスですが、これは現代社会に生きる人間であれば、多かれ少なかれ抱えている問題ですね。
そのストレスが、口臭の原因になるというのです。

 

人間の口の中では、唾液が絶えず活動しています。
食べ物の残りカス、細菌といったものを唾液によって洗い流し、口の中を清潔に保つというシステムが、生まれながらに構築されているのです。
ですが、ストレスが過剰になると、唾液の量が極端に少なくなります。
緊張している状況において、多くの人が経験している事ではないでしょうか。

 

それも、ストレスが原因です。

スポンサーリンク

唾液が少なくなると、口内の悪臭の原因となる物質をしっかりと洗えず、いつまでも口内に残したままになります。
そういった状況が長らく続くと、口臭が発生してしまうのです。

同じ事が「唾液が少なくなる病気」にもいえます。
唾液の量が少なくなる病気としては、「ドライマウス」や「唾液腺炎」さらには「糖尿病」等があります。
こういった病気によって口内が乾いてしまい、悪臭が発生してしまうのです。
これらの口臭は体調を整える事で軽減できますが、とはいえなかなか難しい面もあります。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*