下のチェックをして口臭対策しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人間の口内は、歯、歯茎、そして舌によって構成されています。
そして、これら全てが口臭の原因となる可能性があります。
つまり、舌もまた口臭の原因の一要因というわけです。

 

舌というと、歯と比べて積極的に磨く事が少ない箇所ですね。
そのため、舌に常に白や黄土色の苔のようなものを付着させたままの人も少なくありません。
この苔は「舌苔(ぜったい)」と呼ばれています。
食べカスなどが溜まっている状態で、当然悪臭の一因となります。

 

ただし、舌苔が全くない人間は、まずいません。
というのも、舌苔は人間の身体のメカニズムの一部として機能しているからです。
舌には、味を感じるための細胞があります。
その細胞を有している「舌乳頭」という突起が舌にはありますが、ここに舌苔が付着する事で、舌乳頭を保護する状態になるのです。

 

そのため、白い舌苔が薄く付着している程度であれば、何ら問題が無い状態といえます。

スポンサーリンク

問題なのは黄土色になっている状態で、舌全体にビッシリと舌苔が付着している場合です。
そうなってくると、悪臭が生まれる可能性はあります。
舌苔があまりに多いと、細菌も発生し放題となり、口内全体が悪臭の温床となってしまうので、舌は定期的に磨くようにしましょう。

 

 

尚、全く舌苔がなく、真っ赤な舌をしている人は、それはそれで問題です。
舌乳頭の働きに支障をきたす恐れがあります。
そうなると唾液の分泌に問題が生じ、やはり悪臭の原因となってしまう恐れがあります。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*