タバコが原因となる口臭

スポンサーリンク
スポンサーリンク

口の中に入れる物は、口臭の原因になるケースが多いのですが、その中には食べ物以外で口に入れる物も含まれます。
一番可能性の高いものが、タバコです。
タバコも、口臭の原因としてはスタンダードな存在といえます。

 

タバコが口臭の原因となる理由は、複数存在します。
まず、口の中が乾燥してしまうという事。
タバコは、吸う事で口内を乾燥させる性質があります。
ドライマウスの原因になるとも言われており、それによって口の中の唾液が減り、悪臭を生み出す事につながるのです。

 

ニコチンやタールといったタバコの成分も、悪臭の一要素となります。
いわゆる「ヤニ」ですね。
これらの成分は、口臭と聞いて一般的に想像されるような臭いではないものの、相手に不快感を与える臭いという意味では共通しており、口臭の一つとして数えられます。
ニコチン、タールといった成分は歯や舌に付着しやすい性質を持っており、なかなか歯磨きだけではしっかり取れないという厄介な問題も抱えています。

スポンサーリンク

 

さらに、タバコには血液の循環や新陳代謝を悪化させるという問題点もあります。
そのため、体調を悪くし、その結果口臭を引き起こすというケースも考えられます。
血液の循環が悪いと歯茎にとってもマイナスとなり、最悪歯が抜けやすくなるというリスクもあるので、口臭はもちろん、口内全体の健康にとっても障害となる可能性があります。

 

タバコは、人間の健康にとっては百害あって一利なし。
口臭を予防したい人は、量を減らすか、止めてしまうかのどちらかを選択する事をおすすめします。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*