外国人が語る北海道に行ったらやるべき事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本への旅行が会話の中でポップアップするとき、しばしば東京か京都が話題のトップです。そして、どちらにも注目が集まるのは当然ですが、この2つのスポットライトを集める都市よりも、この国にとってはるかに多くのことがあります。日本の主要な島の最北端にある北海道に行ってみて下さい。農業を主な経済的柱の1つとしているので、新鮮な食材を使用した優れた食品は、その最大の魅力の1つです。おいしい料理の他に、一年中やることがたくさんあります。冬は、スキーやスノボなどのウィンタースポーツが盛んです。しかし、北海道は、暑い季節を好む人にとっても、最適な場所です。穏やかな気候と色とりどりの植生が、おとぎ話の中にしか存在しないような空間を創ってくれます。島には6つの国立公園があり、息をのむほど美しい景色が自慢の島です。そして、東京からの手頃な値段の往復観光客の航空運賃はおよそ200ドルで、都道府県を探索してはいけない理由はまったくありません。以下に、次回日本への旅行を計画するときに北海道を訪れるべきなのか、またそこにいる間に何をすべきかを詳しく見ていきましょう。

 

1.ラーメン

 

冬は寒いですが、ラーメンは美味しい食事だけでなく、体を温めることもできます。 この島のラーメンスープは、味噌(札幌)、醤油(旭川)、塩(函館)、カレー(室蘭)の4つの種類があります。 誰もが自分の麺と一緒に好きな風味を好みますが、悩む前に試してみませんか。

 

 2. 四季彩の丘

 

4月から10月にかけて、何十もの花が四季彩の丘の丘を覆っているので、花の虹に目を楽しませるには何ヶ月もの月があります。 冬は雪が地面を覆い、スノーモービルを走ったり、ゲレンデを滑り降りたりできます。 どんな季節を訪ねようと決心していても、そこにはアルパカの牧場があり、そこでファジィ動物への餌やるなど手伝うことができます。

 

 3. 函館

 

これは島国で最初の対外貿易を開拓する港であるため、函館には多くの国際的影響力があります。 本町地区の急な丘陵地帯を散策してみてください。そこには、前のイギリス領事館やロシア正教会などのヨーロッパ式の建物がたくさんあります。 街の素晴らしいパノラマの景色を望む函館。その後、赤レンガ倉庫のグループがショッピングセンターに変身した湾を訪れます。お土産を買うのに最適な場所です。 ペイストリー・スナッフルズでのチーズケーキはあなたの甘い歯を満足させる素晴らしいお店です。 塩ラーメンの発祥の地として、ここには丼ものが必須で、そこに行くのには清龍軒があります。 しかし、函館への訪問は、新鮮な魚介類(特にカニとイカ)が並ぶ朝の市場への訪問なしには終われません。

 

4.札幌

 

島の首都は日本で最も過小評価された都市のひとつかもしれません。 名古屋のビール(博物館が捧げられている)、広大な彫刻公園、そしてスープカレーやジンギスカン(羊肉のグリル)などの美味しい郷土料理が沢山あり、札幌にはたくさんの見所があります。 そしてもちろん、訪れるべき市場があります。 二条市場は繁華街から最もアクセスしやすいですが、地元の人と買い物をしたい場合は、より本格的な経験のために場外市場に出かけてください。 それでは、白井恋人公園へ行き、お菓子屋の有名なクッキーの作り方を見たり、店で甘いお土産を買った後は、とっても美味しいホワイトチョコレートのソフトクリームを食べたりしましょう。

 

5.札幌雪まつり

 

毎年2月に開催される札幌スノーフェスティバルでは、おどり公園、つどめ、すすきのの3つの場所にまたがって、寺院から漫画のキャラクターまで、約250の雪と氷の彫刻が飾られています。 これらの巨大な芸術作品(スライドも含む)は、冬のワンダーランドにまったく新しい意味をもたらし、氷点下に耐える価値があります。

 

6.ソフトクリーム

 

北海道の牛乳は非常に高品質なので(この国で最高のものと考えられています)、あなたが島を訪れるときよりもソフトサーブをするのに最適な場所はありません。 クリーミーで滑らか、そして非常に独特の風味を持ち、あなたはアイスクリームをこれまでにないほど味わったことがありません。 一日にいくつかコーンを持ってください。 私たちは判断しません。

 

7.小樽

 

札幌から電車でわずか30分の小樽は、ガラス製品やオルゴールで特に有名ですが、この小さな港の街を旅行する場合は、必ず若鳥地帯鳴門本店で昼食を取ってください。 歯の中に沈めた中で最高のフライドチキンがあります。 小町運河沿いに食事を降りて、境内道路に入ると、通りに並ぶ商店の数でちょっとした買い物ができます。 マルセイバターサンドイッチ(2つのビスケットがレーズンを混ぜ合わせたクリームの厚いスラブをサンドイッチする)のための六花亭とスーパーサイズのパフのための北菓楼に立ち寄ってください。

スポンサーリンク

 

8.シーフード

 

プランクトンが豊富な日本海のおかげで、北海道周辺の海域には魚介類が非常に豊富にあります。 高品質のカニは特に試す価値があります。 カニには4つのタイプがあります:タラバガニ、毛ガニ、ズワイガニそして花咲ガニ。 そして、どれほど偏在しているのかを考えると、これらの甲殻類を食べることはこの国のどこよりもはるかに安価です。 カニ以外にもウニ、イカ、ホタテ、およびイクラも同じくその地域にたくさんあります。

 

9.ファーム富田のラベンダー畑

 

プロヴァンスは、目に見える限り成長するラベンダー畑がある唯一の目的地ではありません。 富良野の農場富田は紫色の植物と色とりどりの花でいっぱいです。 最高の体験をするには、7月にピークを迎えるときに訪れ、出発前にラベンダーソフトクリームを試すのを忘れないでください。

 

10.青い池

 

 美瑛のこの人工の池は、驚くほど青く、そこから突き出ているうっすらとした木がさらに魅力的になっています。

 

11.スキーとスノーボード

 

北海道は冬にたくさんの雪を降らせるので、スキーヤーやスノーボーダーにとって最高の目的地の一つです。 選択するスキーリゾートがいくつかありますが、富良野とニセコは全体的な地形のためのお気に入りになる傾向があります。

 

  12. 温泉

 

寒い日には自動的に日本で温泉が必要になりますので、北海道に満ちているのも当然のことです。 これらの温泉街は地元の人や観光客に人気があり、減圧するのに素晴らしい方法です。 湯気のあるお風呂に悩みを浸し、これらの天然水からのミネラルが彼らの魔法を働かせるようにしなさい。 のぼりべつはこの島の人気スポットですが、札幌に近いところをお探しでしたら、定山渓をご覧ください。

 

13.知床国立公園

 

2005年に世界遺産に登録された知床国立公園は、真の天然宝石です。 あなたはそこにたどり着くために数日を遮断する必要があるでしょう、しかしそれはアウトドアを探索するのを楽しむ人々にとってそれは価値があるでしょう。 ニホンジカとヒグマの目をむき出しにしてください。 保護地域の数多くの滝や湖を訪れます。 そして寒い氷と闘う気がある人のために冬に知床半島で見ることができます。

 

14.摩周湖

 

世界で最も澄んだカルデラ湖の1つであると考えられて、摩周湖は阿寒国立公園に位置しています、そしてそれを覆い隠す霧が消えるときその結晶水のために高く評価されています。 2つの展望台があり、そこから湖を一望することができます。また、山の頂上につながるハイキングコースもあります。  マリモ(苔玉)が見られるプラス阿寒湖へは車で1時間強です。

 

15.雲海テラス

 

星野リゾートトマムの雲海テラスでは、雲海として知られるものを見ることができます。 条件が保証されるわけではありませんが(結局のところ自然です)、少なくとも日高山脈の素晴らしい景色を眺めることができます。 5月から10月まで営業しています。展望台に行くためにホテルのゲストになる必要はありませんが、とにかく午前4時30分までに到着する必要があることを考えると、それは素晴らしいアイデアです。 この現象をチェックすることの最善の可能性。

 

16.フルーツ農園

 

日本の果物は本当に高価になることがあります(完璧な丸みのある、丸みのないメロンには何万円もの値札が付いています)。そのため、農場に直行して自分で選ぶのが一番の方法です。 あなたがいちご、りんご、梨、ぶどうのいずれを食べたければ、北海道には好みに合う農場があります。 ちょっとしたことがすべてそろっているものを探しているのなら、定山渓、山本、そして桜蘭坊をチェックしてください。

 

このビデオを観たい方はこちらをクリック

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*