ホルモンバランスが原因の女性の口臭

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あまり一般的に知られている事ではありませんが、口臭の原因の一つとして「ホルモンバランス」が挙げられる事があります。
実際、口臭とホルモンバランスの間には密接な関わりがあるのです。
そして、この場合の口臭は、女性特有のものという事になります。

 

口臭の原因となるのは、ホルモンバランスが崩れた場合です。
そのため、女性は生理の時に口臭が気になる事がある事が多いようです。
ホルモンバランスが崩れる生理時は、免疫力が低下する事で唾液の分泌量が減り、口内に歯肉炎や口内炎ができやすくなります。
そうなると、口臭がしやすい環境ができあがってしまうのです。

 

また、妊娠した時にも、独特の口臭が生まれるケースが見受けられます。
妊娠期は女性ホルモンの分泌が盛んで、「プロゲステロン」や「エストロゲン」といった物質が体内に多く分泌されますが、これらの物質は歯肉炎、歯周炎の原因になると言われています。
そのため、妊娠している最中に歯肉炎になる人は、かなり多いようです。
これは「妊娠性歯肉炎」と呼ばれています。

スポンサーリンク

 

 

生理時、妊娠期はストレスが溜まる事も多く、水分が通常より多く消費される事もあって、唾液の量が減ってしまうという傾向もあります。
これらが原因で口臭が発生してしまうのは、決して珍しい事ではないのです。

 

さらに、閉経後も女性ホルモンの減少に伴い、ホルモンバランスが崩れて口臭が発生する事があります。
免疫力の低下なども原因と言われており、孫から「口が臭い」とショックな言葉を投げかけられるおばあちゃんは、結構多いようです。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*