正しい歯磨きの方法で口臭を予防しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

原則として、歯磨きというのは「雑に行わない」という点が重要となってきます。
口臭の原因をしっかりと断つためには、時間をかけて丁寧に行うべきという事です。
ただ、時間をかければ良いわけでもありません。
一つ一つの作業に意味を持たせ、口の隅々まで綺麗にする必要があります。

 

歯磨きを行う際に、まずどういった磨き方をするか。
その方法は複数存在します。
たとえば、「スクラッピング法」。
これは、歯の表面に垂直に歯ブラシを当て、振動させる事で歯の表面を掃除するブラッシング法です。
子供は、この磨き方だけで歯磨きを終えるというケースが多いようです。
当然、これも重要ですが、これだけでは意味がありません。

 

次に、「バス法」。
歯の根元と歯茎の間に、歯ブラシを45度の角度で当てて、細かく振動させるという磨き方です。
歯と歯茎の間には、かなり細かい食べ残しが付着します。
そのため、歯垢の多くは、この部分に発生し、歯石となります。
それが悪臭の原因になっているケースが非常に多いのです。

スポンサーリンク

 

歯と歯の間を磨く上では、「ローリング法」が有効です。
歯ブラシを横にして、下の歯の根元に当てた状態から手首を上に返し、グルリと歯ブラシを回す事で、ブラシを上に跳ね上げ、歯と歯の隙間に押し込む形で磨きます。
こうする事でテコの原理も発生し、それほど力を込めなくても、しっかり歯と歯の間を掃除できます。

これらの方法を全てしっかりと丁寧に行う事で、口内の食べ残しはほとんどが除去でき、口臭の元を断つ事ができます。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*