口臭予防にオススメの歯ブラシの選び方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

歯磨きをする上で重要なのは、磨き方だけではありません。
歯ブラシや歯磨き粉そのものの選び方も重要です。
それによって、口臭の原因をより効率よく解決する事ができます。
普段、何気なく安いものを購入している人が多いでしょうが、歯磨きによる口内ケアを完璧に行うためには、それ相応の道具が必要という事です。

 

まず歯ブラシですが、基本的には「ヘッドの大きさ」「ブラシの硬さと毛先」「グリップの長さ」が重要です。

まずヘッドの大きさですが、口の奥に入らないくらい大きいものは好ましくありません。
ヘッドが大きい方が磨くのに時間が掛からないというメリットもありますが、デメリットの方が大きいので、素直に標準、または小さめのものを選びましょう。

 

ブラシの堅さは、標準、もしくは柔らかめがおすすめです。
硬めの歯ブラシは、柔軟性、弾力性に欠けているので、ブラッシングの際にしなりがあまりできず、使い勝手が良くありません。
また、硬いと歯茎を傷めやすく、血が出やすいという難点もあります。

スポンサーリンク

 

ブラシの毛先は、細い方がより歯と歯の間に入りやすく、綺麗にしやすいのですが、すぐに開いてしまうという難点もあります。
程々の細さの方が長持ちしやすいですが、ある程度短いサイクルでの買い換えも視野に入れるなら、細い方が良いでしょう。

 

そして、意外と重要なのがグリップの長さです。
一見、あまり重要ではないように思われる部分ですが、グリップがしっくりこないと非常に磨き難く、結果としておざなりな歯磨きになり、口臭の原因が放置されたままになる事が多いのです。
短すぎず、長すぎず、自分の手に合った適度な長さの歯ブラシを見つけましょう。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*