その他

自宅で簡単なブレスケア

スポンサーリンク 歯医者という施設は、なかなか気軽に通える所ではないという認識が根強いようです。 特に、子供にとっては足を踏み入れる事が難しいようですね。 そのため、虫歯が痛くて痛くてどうしようもない…というくらいの状況にならないと行きたがらないというのが、多くの家庭に共通するところではないでしょうか。   また、社会人にとっても、何気に歯医者は通いにくい施設です。 近年は夜までやっている歯医者さんも増えてきましたが、それでも全体の中では少ない割合です。 大抵は18時までに終わってしまいますし、18時以降も開けているところは予約で一杯…というパターンですね。 そのため、会社帰りに通う事が少々難しい場所なのです。   そういった事もあって、現在では自宅でマウスケアを行うための様々なグッズが市販されています。 特にその中でも、「デンタルフロス」は人気が高いアイテムですね。 デンタルフロスは、歯と歯の間を掃除するためのものです。 高級な物から100円ショップでも入手できる物まで、色々な種類の物があります。 歯ブラシだけではなかなか除去できない、歯と歯の間を綺麗にしてくれます。 口臭の原因になりやすい部分をしっかりと取り除ける点が特徴です。 スポンサーリンク   また、ブレスケアも自宅で行えるマウスケアの一種です。 これはそのまま口臭に直結するものですが、マウスウォッシュのように原因を直接除去するタイプの物もあれば、ブレスケアスプレーのように臭いだけを断ち切る物もあります。 いずれにしても、口臭を和らげる効果は期待できます。   スポンサーリンク

その他

色々なダイエットを組み合わせてバランスよく痩せよう

スポンサーリンク 筋トレと、半身浴を組み合わせることで、ダイエットが一層スムーズに進みます。筋トレによって体に筋肉をつけることが出来れば、その分だけ代謝が良くなります。代謝がよくなれば、脂肪の燃焼効率もアップしますので、よりダイエットがスムーズに進むわけです。背筋や腹筋、スクワットといった筋トレを継続して行うことで、体に筋肉がつき、ダイエットの効率が上がります。   女性は、ダイエットのためとはいっても、体に筋肉がたくさんついて体型がごつくなってしまうのは嫌だと思う人が多いようです。スリムな肉体になるためには、自分自身の体重を支える運動をメインにした軽い運動をたくさん行うといいでしょう。まず筋トレを行い、その次に有酸素運動をすることで、脂肪を燃やし、筋肉にするという流れができます。   半身浴をする場合は、ぬるめのお湯のお風呂に入るようにします。お腹のちょっと下までお湯の中につかるくらいの感じで、半身浴の時間は30分くらい、のんびりとつかります。半身浴を行うと発汗が促進され、老廃物の排出も促されて、代謝が活発になります。 スポンサーリンク   ダイエットの定番は食事制限ですが、急激に食事量を減らすと体に負担がかかりますので、健康的なダイエットをしたほうがいいでしょう。筋トレや、半身浴を中心にしたダイエットは、体への負担が少なく、健康的に痩せられて、リバウンドも起きにくい方法です。   スポンサーリンク

その他

ハロハロ:フィリピンで人気のデザート

スポンサーリンク 熱帯の暑さの中涼むために、フィリピンの地元の人々は3つのことをします:最も近いエアコン付きのモールに向かうこと、プールに浸ること、または彼らの大好きな氷デザートハロハロを楽しみましょう。 それは多くの人の心を惹きつけるフィリピンの伝統的なデザートであり、そしてフィリピンを訪問するとき絶対に試してみるべきです。   この冷たい御馳走はその風味豊かな味で知られており、戦前の日本の時代にさかのぼる豊かな歴史を持っています。 フィリピン語のこの名前は英語で「ミックスミックス」を意味しますが、このお気に入りのかき氷デザートは日本の開拓者によってフィリピン人に紹介されました。 歴史家によると、日本人は「ミツマメ」や「モンゴコンヒエロ」や「カキゴオリ」と呼ばれる甘いデザートを作っていました。   日本のミツマメは、モンゴゴの豆を主成分とした冷たい飲み物に使われています。 これまでの経歴によると、日本からの移民(これもまた日本軍の一部であることが判明した)がその所有者であり、彼らがデザートを紹介した後、地元の人々は果物とカスタードを加えることによってバリエーションを作った。 当時の最も安い注文は1 ペソで販売されていました。   しかし、歴史家アンベスオカンポという名の人によると、ハロハロは、コンデンスミルクで甘くされた氷をかぶったデザートであるカキゴリと呼ばれる別の日本の甘いお菓子に触発されたそうです。 日本の農家はカキゴオリを持ってきてモンゴル、赤、インゲン豆を飲み物に加えました – それゆえ、後にそれは「モンヤ」と呼ばれました。 スポンサーリンク   その間、アメリカ人が島のアイスプラントを建設する前に氷の供給が限られていたので、フィリピン人はアイスクリームと冷凍の御馳走に慣れ始めたばかりでした。 このように、日本のデザートに対する前向きな反応がありました。 一方、日本の開拓者たちはそれが利益を得る機会と捉えており、間もなくマニラ首都圏では「モンヤ」を販売する多くの場所がヒットしました。 日本の開拓者たちが第二次世界大戦後に去った一方で、フィリピン人はデザートの人気をつかみ、そしてそれを彼らの好みに合うように変化させました – 例えば、調味料にユベジャムまたはユベアイスクリームを加えること。   それ以来、ハロハロはフィリピンで最も快適な料理のひとつとなっています。 コンデンスミルクとモンゴーの豆を混ぜ合わせたアイスかき氷のデザートの他に、デザートのいくつかのバリエーションは、サゴ、ナタデココ、ピピッグ、甘いバナナ、マカプーノ(ココナッツスポーツ)、そしてレシュフラン(キャラメルカスタード)を利用する。 いくつかの場所では、それらは甘い混合物にチーズ、コーンフレーク、または唐辛子さえ加えます。 実際、ハロハロの作り方は、あなたの好みや地域の特質によって大きく異なります。   このビデオを観たい方はこちらをクリック   スポンサーリンク