ハロハロ:フィリピンで人気のデザート

スポンサーリンク
スポンサーリンク

熱帯の暑さの中涼むために、フィリピンの地元の人々は3つのことをします:最も近いエアコン付きのモールに向かうこと、プールに浸ること、または彼らの大好きな氷デザートハロハロを楽しみましょう。 それは多くの人の心を惹きつけるフィリピンの伝統的なデザートであり、そしてフィリピンを訪問するとき絶対に試してみるべきです。

 

この冷たい御馳走はその風味豊かな味で知られており、戦前の日本の時代にさかのぼる豊かな歴史を持っています。 フィリピン語のこの名前は英語で「ミックスミックス」を意味しますが、このお気に入りのかき氷デザートは日本の開拓者によってフィリピン人に紹介されました。 歴史家によると、日本人は「ミツマメ」や「モンゴコンヒエロ」や「カキゴオリ」と呼ばれる甘いデザートを作っていました。

 

日本のミツマメは、モンゴゴの豆を主成分とした冷たい飲み物に使われています。 これまでの経歴によると、日本からの移民(これもまた日本軍の一部であることが判明した)がその所有者であり、彼らがデザートを紹介した後、地元の人々は果物とカスタードを加えることによってバリエーションを作った。 当時の最も安い注文は1 ペソで販売されていました。

 

しかし、歴史家アンベスオカンポという名の人によると、ハロハロは、コンデンスミルクで甘くされた氷をかぶったデザートであるカキゴリと呼ばれる別の日本の甘いお菓子に触発されたそうです。 日本の農家はカキゴオリを持ってきてモンゴル、赤、インゲン豆を飲み物に加えました – それゆえ、後にそれは「モンヤ」と呼ばれました。

スポンサーリンク

 

その間、アメリカ人が島のアイスプラントを建設する前に氷の供給が限られていたので、フィリピン人はアイスクリームと冷凍の御馳走に慣れ始めたばかりでした。 このように、日本のデザートに対する前向きな反応がありました。 一方、日本の開拓者たちはそれが利益を得る機会と捉えており、間もなくマニラ首都圏では「モンヤ」を販売する多くの場所がヒットしました。 日本の開拓者たちが第二次世界大戦後に去った一方で、フィリピン人はデザートの人気をつかみ、そしてそれを彼らの好みに合うように変化させました – 例えば、調味料にユベジャムまたはユベアイスクリームを加えること。

 

それ以来、ハロハロはフィリピンで最も快適な料理のひとつとなっています。 コンデンスミルクとモンゴーの豆を混ぜ合わせたアイスかき氷のデザートの他に、デザートのいくつかのバリエーションは、サゴ、ナタデココ、ピピッグ、甘いバナナ、マカプーノ(ココナッツスポーツ)、そしてレシュフラン(キャラメルカスタード)を利用する。 いくつかの場所では、それらは甘い混合物にチーズ、コーンフレーク、または唐辛子さえ加えます。 実際、ハロハロの作り方は、あなたの好みや地域の特質によって大きく異なります。

 

このビデオを観たい方はこちらをクリック

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*