口臭予防のために、食事で気をつけること

スポンサーリンク
スポンサーリンク

様々な要因はあるものの、口臭の原因として多くの人に共通しているのは、やはり食べ物です。
人間は、食生活によって口臭の度合いがかなり変わってきます。
これは、口の中に留まらず、内臓、身体の中全てに関していえる事です。
では、どのような食べ物が口臭の原因になりやすいかを検証していきましょう。

 

まず、意外に口臭の原因となりやすいのが、パンです。
朝食、昼食にはよく食べられる食品ですね。
パンは食べかすとして残りやすく、また分解、発酵しやすい食品のため、パン自体の臭いとは対照的に、悪臭になりやすいのです。

 

また、こちらは意外でもありませんが、肉類全般をはじめとしたタンパク質の多い食品は、どうしても口臭の原因となりやすくなります。
そのため、できれば夕食に限定した方が良いでしょう。
外での活動が控えている段階では、あまり好ましくありません。

 

食事の仕方自体も重要です。
口臭を抑える基本は、空腹時を少なくする事。
そのため、朝、昼、夜としっかり三度食事をとるのが効果的です。

スポンサーリンク

 

また、唾液を出す事が重要です。
唾液は口内を洗浄する働きがあり、細菌の繁殖を防ぎます。
そのため、よく噛み、唾液の分泌量を増やせる食事の方が、口臭は出にくいでしょう。
ごはんはその典型例です。
食の欧米化が、口臭の原因の一つになっているとも言われています。

 

また、体調を整える善玉菌を増やす事もプラスに働きます。
魚や野菜は効果的です。
これらをしっかりと摂取している人は、口臭で悩む事が少ないかもしれません。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*