ドライマウスを改善して口臭予防をしよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

口の中の悪臭の原因のひとつに、ドライマウスに代表される「乾燥」があります。
口内が乾くという事は、唾液の量が極端に少ないという事です。
それによって口の中の細菌が繁殖し、口臭の原因となってしまうのです。

ドライマウスの状況を生み出す原因には、「口呼吸」が挙げられます。

 

これは、かなり前から問題として指摘されている事ですね。
人間の主な呼吸方法は、鼻での呼吸、そして口での呼吸です。
通常は鼻で、息があがるマラソンなどで疲労困憊の時は口で、という人が多いものですが、普段から口で呼吸している人も少なくはありません。
こういった人達の中に、口臭で悩んでいる人が多いのです。

 

口呼吸は、口の中を乾燥させる大きな原因となります。
これが慣習化してしまうと、常に口を少し開けたまま過ごす状態が続きます。
すると乾燥状態が当たり前になり、口臭の原因となってしまうのです。

スポンサーリンク

 

口呼吸は鼻呼吸と比べ、メリットはありません。
鼻呼吸はリラックスした状態で行うために自律神経の安定にもつながり、唾液の分泌を正常化させる作用もあります。
当然、口臭も抑えられます。
口呼吸をしていると、口臭がするだけでなく、呼吸する度にその臭いを周囲に発散させてしまう事になります。
どちらが良いかは、明らかです。

 

一度口呼吸に慣れてしまうと、鼻呼吸では息苦しく感じてしまいますが、ここは訓練で矯正するしかありません。
常にガムを噛むなどして、口を使わずに呼吸する事に慣れるというトレーニングが必要です。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*