口臭チェックをこまめにしよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の事を理解するというのは、簡単なようで、決して簡単ではありません。
自分を俯瞰して見る事はできても、それを実際に他人と同じような見解で見るというのは、実に難しい事なのです。

 

人間には「補完」という能力が備わっています。
それは、事実をありのまま全て受け入れるというわけではなく、「自分にとって最も都合の良い」「苦痛の少ない」ように自然と修正してから認識するという能力です。
それによって、人間は一定の精神状態を保てるのです。

 

口臭でいえば、自分の口の臭いはまさにこれに該当します。
常に自分の中にある臭いは、慣れなければ常に苦痛が付きまといます。
そうならないよう、自分の頭の中で「この臭いはイヤなものではない」という修正が行われ、その結果、本当に臭わなくなるのです。
ですが、実際にはその口臭が消えたわけではありません。
あくまで「自覚しなくなるだけ」です。

スポンサーリンク

 

こういった場合、自分では口臭のチェックができませんので、他人に確認してもらう必要があります。
とはいえ、いつどの時間でもいいかというと、そういうわけでもありません。
口臭チェックは、朝、昼、夜と何度かに分けて行い、どの時間が臭うかを確認する事で、初めて有効といえるのです。
そうする事で、この時間が臭いならこの食事に原因がある…といったように、原因の特定がしやすくなります。

 

どうしても自分だけでチェックしたい場合は、コップに息を溜め、それを嗅ぐなどの方法が有効です。
精度はやや欠けますが、ある程度は認識できます。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*