日本建築の不思議

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニューヨーク在住で、活躍している日本人の建築家がいます。その建築家についてのビデオを見たい方は下のリンクをクリックしてください。

 

日本には、近代的で歴史的な何百という建築様式の例がたくさんあります。

 

先史時代の日本の建築は部族的な雰囲気を持ち、茅葺き屋根のユニークな埋葬塚や木造建築物がありました。 奈良時代以降、デザインは中国の仏教建築の影響を受け、大きな飛躍を遂げました。

 

平安時代までに、日本の建築は洗練された美意識と独特の木工技術を用いて世界最大級の木造建築を建造することを可能にする独特の特徴を示し始めます。

 

1860年代から第二次世界大戦までの期間は、西側の青写真に慎重に従った西側建築の日本への導入によって特徴づけられます。 戦後、日本の建築家たちはまたもや日本の資質を持つ独特で洗練されたデザインを開発しました。

 

以下は日本の建築のいくつかの注目すべき例です。

 

1スカイツリー東京

 

日本で最も高いビルで、高さは634メートルです。 そのデザインは日本の仏塔の建築に影響を受けています。 塔のように、スカイツリーは中央の柱で建てられ、そこから残りの建物がぶら下がっています。 パゴダは地震に強いことが知られています。 この建物には、最新の100トンの地震緩衝材もあります。 建物は底に正三角形を形成し、それは各階でより円形になります。 一番上が真円です。

 

東大寺大仏堂、奈良

 

東大寺は728年に設立された奈良にある大規模な寺院で、完成後間もなく地震で倒れる前に、高さの大きなピラミッドに次ぐ2つの塔がありました。 現在でも東大寺にはいくつかの大きな建物があります。 その大仏ホールは、近代的な木造の建物がそれを上回った1998年まで、世界最大の木造建築物でした。

 

モード学園タワー、東京

 

新宿にある大学の校舎は、「学生の心を育てる」ための繭として設計されています。 世界で2番目に高い教育施設。

 

日本武道館、東京

 

武道館は、1964年の東京オリンピックのために建設された柔道場です。 奈良の法隆寺の夢の殿堂をモデルにしています。 建物はコンサートホールにすることを意図していませんでした。 しかし、その珍しい八角形の形状は素晴らしい音響効果をもたらします。 建物全体が巨大なスピーカーコーンのように音楽と共に移動する傾向があります。 その結果、それは主要な芸術家によるおよそ50のライブ録音を主催した伝説的なコンサートホールになりました。

 

デビアスビル、東京

 

銀座の高層ビル。金属とガラスのねじれた外観。 気づかずに通り過ぎることは不可能な建物です。 そのデザインは非現実的な品質を持っています。

 

鳳来寺、奈良

 

法隆寺は奈良の寺院で、世界で最も古い木造の建造物、6世紀の5階建ての塔があります。 寺院はまた夢の殿堂と呼ばれるユニークな八角形の構造で知られています。

 

7  横浜、大桟橋ピア

 

エリザベス女王2号などの主要クルーズ船を扱うことができる横浜港の旅客ターミナルです。その屋根は、桟橋を囲む海の波を映すようにねじれている木と草の遊歩道です。 横浜のみなとみらい地区を一望できる快適な空間です。

スポンサーリンク

 

8  横浜ランドマークタワー

 

横浜ランドマークタワーは1993年から2012年にかけて日本で最も高いビルでした。建物は69階にホテル、オフィス、ショップ、レストラン、展望台を収容する広いフロアでかなり充実しています。 その79のエレベーターは、日本で最も速い毎時45キロメートルです。 トップへの旅行は40秒かかります。

 

9  東京市役所、東京

 

東京の西新宿ビジネス地区の主要建築物であるツインタワー。 コンピュータチップのように見えるように設計されていて、ほとんどの人は建物がより多くのゴッサムシティの外観を持っていることに同意します。

 

10 三十三間堂、京都

 

長さ120メートルの12世紀の寺院。 それは42の武器でそれぞれ1001人の女神でいっぱいです。 日本最長の木造建築物です。

 

11  姫路城、姫路

 

姫路城は日本最大の生き残りの城です。 城は1333年に最初に建設され、今日の17世紀の状態にあります。 それは83の建物と2つの生き残った堀を持っています。 城の敷地には意図的に混乱を招くように見える曲がりくねった道が含まれています。

 

12 アクロス、福岡

 

ぶら下げられた庭のように見えるように設計された15階建ての建物。 その階層化された屋根は、50,000の植物と木がある庭のためのスペースを最大にします。 ご想像のとおり、内部には大きなアトリウムがあります。

 

13  明石海峡大橋神戸

 

神戸と淡路島を結ぶ世界最長の吊り橋。 橋は地震に耐えるように設計されています。 このデザインは1995年の阪神大震災ですぐにテストされました。 地震の震源地は橋のすぐそばでした。

 

14  京都駅、京都

 

京都駅の本堂は長さが約半キロメートルで、天井の高さは70メートル、つまり230フィートです。 それは一方向に無限遠に行くように見え、Skywayとして知られているその天井を渡る橋を含むかなりの数の興味深い空間を持っています。

 

15  金閣寺、京都

 

金閣寺は、日本の金色の建造物の稀な例です。 その大胆な黄金色の外観は、どういうわけかその庭園の美しさと調和していて、日本で最も光り輝くスポットの1つと考えられています。 寺院の建築は日本の家の初期の青写真となり、その影響は今日でも多くの日本の家で見ることができます。

 

16. 梅田スカイビル、大阪

 

40階建てのタワーが2棟あり、屋根の間に大きな円形の展望台があり、タワーの間の2つのエスカレーターが宙に浮いています。 東京大学の元教授で京都駅の設計もしていた原浩氏が設計しました。 この2つの構造には共通点がたくさんあります。 例えば、梅田スカイビルのエスカレーターは、京都駅の屋根を横切るスカイウェイとして知られている通路と同じような感じをしています。

 

ニューヨークで活躍する日本人の建築家についてのビデオを見たい方はこちらをクリック

 

このビデオを観たい方はこちらをクリック

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*