コーヒーと口臭の関係

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コーヒー好きにはちょっと嫌な話です。
コーヒーを飲むと口臭がひどくなるって知っていましたか。
もちろん、個人差がありますから、すべての人が口臭を発するわけではありません。
しかし、コーヒーの中には唾液分泌を抑制する成分が含まれています。
また、口の中のpH値を下げてしまうことも口臭の原因となります。

 

コーヒーを飲んだらすぐに歯磨きをするといいのですが、喫茶店などでコーヒーを飲んだ後に歯磨きをするのはちょっと無理がありますよね。
そのような場合には水を飲むことです。
できれば、口の中でうがいをするとよいでしょう。
しかし、これも喫茶店ではできませんね。
食事をすると口の中にカスが溜まりますから、どうしても口臭は避けられません。

 

ある程度の口臭は気にしなくてもいいのではないでしょうか。
口臭が気になってしまって、本当に大きな悩みになってしまっている人もいます。
あまり考えないことですね。
ストレスでも口臭がひどくなると言われています。
悩みがストレスとなって、悪循環に陥ってしまいます。
コーヒーの他にも同じような効果がある食べ物はたくさんあります。

スポンサーリンク

 

カレーなどもそうですね。
カレーを食べると、その後しばらくはカレーの口臭が抜けません。
しかし、時間とともに臭いは薄れていきますから、気にしなくてもよいのです。
そして、チャンスがあれば歯磨きをすることですね。
コーヒーの成分が舌の上に残ってしまうことが口臭の原因です。
舌をゆすいで、カスを取り除くことが大事ですね。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*