口の中の細菌を除去して口臭予防を

スポンサーリンク
スポンサーリンク

口臭を消すにはどうすればよいのでしょうか。
歯磨きをすればいいと思っている人が多いでしょうが、原因によっては歯磨きでは対策とならないケースもあるのです。
まずは口臭の原因を知ることから始めなければなりません。
口臭にはいくつかの種類があります。
匂いの強い食べ物を食べた後は、当然のことながら口臭が臭くなります。
しかし、それは短時間のことであり、何もしなくても自然と消えていくものです。
最近の口臭対策グッズでは、このような短時間の口臭を消そうとする傾向にあります。

 

これはあまりにも口臭を気にし過ぎているのではないでしょうか。
カレーを食べた後はカレーの臭いがしても構わないと思いますけどね。
口臭にはこのような短時間で消えるものばかりではありません。
それは、口の中に細菌が繁殖してしまっていて、口をゆすいだぐらいでは消えない口臭を発する場合もあるのです。

スポンサーリンク

 

このような人は口の中を清潔にすることから始めなければなりません。
歯磨きを始めとして、虫歯の治療や歯周病を治すことを考えましょう。
また、口の中が乾燥するとバイ菌の繁殖は促進されてしまいます。
朝起きた時に口臭がするのは口の中の乾燥によるものなのです。
ですから、寝る前の歯磨きは重要なのですね。

 

また、胃腸からの臭いが口にまで伝わってくるケースもあります。
便秘などで胃腸の調子が悪いと、ガスの臭いが血液を伝わって、口から出てくるのだそうです。
口臭を消すことは簡単なようですが、意外と難しいことがわかるでしょう。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*