旅行

ドイツベルリンの天気:気候、季節、および月平均気温

スポンサーリンク ベルリンの天気は、夏は暑く、冬は寒く、春から秋にかけての四季があります。 そして一年中雨が降っています。   それは言った、ベルリンを訪問する本当に悪い時期はありません。 あなたはただ傘と水着の両方を準備する必要があります。 これは、平均気温、何を着るべきか、そして毎シーズンの様子についての情報と共に、すべての季節のベルリンの天気の概要です。   気候の変化について:   一番暑いな月:8月(70 F / 21 C) 最も寒い月:1月(30 F / -1 C) 最も長い月:6月(2.8インチ/ 7.1 cm)   ベルリンの春   ベルリンの冬から春に差し掛かり、都市が融解し始めるとすぐに、ドイツ人は屋外カフェやビアガーデンでヒーターの下に集まります。 正確には暖かいと祭りの季節が始まります。 ベルリンの春は寒い日に始まりますが、5月までにそれは少し暖かくなっています。   持ち物:   寒い日や夜の間、羽織るものを持ってきてください。 常に雨天用具を詰めてください。   […]

旅行

家族旅行におすすめの山梨県昇仙峡

スポンサーリンク みなさんは、まとまったお休みが取れたとき、例えば、ゴールデンウィークなどは、遠出をしますか? 休日に出かけると疲れてしまうので、なるべく家でゆっくりしたいという方もいらっしゃいますし、映画をみたり、ショッピングしたり、都心で楽しみたいという方もいらっしゃるでしょう。 また、自然と触れ合うことが大好きという方は、お休みのたびにあちらこちらへ旅行をしている方もいらっしゃいます。 アウトドアも楽しいですから、お天気に恵まれれば登山やキャンプなども楽しいですよね。 このように休日の過ごし方、また、ゴールデンウィークなどの連休の過ごし方は、人によって様々ですが、やはり、連休をすべて旅行に費やしてしまうと、普段の疲れも取れにくいと思います。   お休みの日の最後は、たまった疲れを取ることもおすすめです。 例えば、海外旅行や新幹線、飛行機に乗って出かけるような国内旅行などは、遠出することで、気持ち的にはリフレッシュするでしょうが、それだけでお休みを消化してしまうと、疲れたまま、会社に出勤することになりかねませんよね。   ですから、理想的なのは、まとまった連休でしたら、前半は遠出して、後半はうちでゆっくり休むなどの、メリハリがあることではないでしょうか。 連休中をすべて外で過ごすと、帰宅してグッタリしてしまうものですから、すべての連休で、旅行や外出をするのではなく、自宅で過ごす日程も考慮しておくことをおすすめします。 実際に、連休中の最後の一日や二日は家にいるという方も多いですし、私も最後の数日間は家でゆっくりしたいタイプです。   楽しい旅行であっても、やはり出かけるということは疲れが伴うものです。 連休が長くとれれば、どこにでも遠出が出来るでしょうが、あいにく、休みが数日しか取れなかった場合、また、合間に他の予定が入ってしまった場合などは、旅行するにもやはり近場がおすすめです。 例えば、都心からも近くて、日帰り、または、1泊でも十分に楽しめる場所はいくつもありますよね。   私が気に入っている場所のひとつが、甲府の昇仙峡周辺ですが、いろいろな楽しめるスポットがあり、短いお休みでも十分に楽しめるのでおすすめです。 昇仙峡と言えば、観光地としても有名ですので、すでに行ったことがある方も多いと思います。 ゴールデンウィークには、自然が豊かな山梨県でリフレッシュしてみることもおすすめでし、カップルでもご家族でも楽しむことが出来るでしょう。 お子さんがいらっしゃる場合は、愛宕山こどもの国など、いかがでしょうか。 スポンサーリンク   やはり、お子さんは広々とした場所で、思いっきり遊びたいものですから、こどもの国の広い園内は、元気いっぱいのお子さん達にぴったりです。 たくさんの遊具も用意されていますから、晴れた日なら、こどもの国がおすすめですので、日帰り旅行にも良いですね。 また、ゴールデンウィーク期間中は、イベントなども開催されていますので、大人も子どもも楽しめることでしょう。 それから、昇仙峡周辺でおすすめのスポットは、豊富シルクの里公園も遊具があり、お子さんと一緒に遊ぶことが出来ます。   豊富シルクの里公園には温泉もありますので、日帰り旅行でも温泉を楽しむことができます。 それから、中央市の玉穂ふるさとふれあい広場にも遊具があり、レンゲの花が美しい場所ですから、カメラが趣味という方にもおすすめのスポットです。 また、ゴールデンウィークに、多くの家族連れが訪れる動物園が、遊亀公園です。 なんと、ここは日本国内で4番目に古いという歴史ある動物園であり、現在は、レッサーパンダやゾウが人気です。     […]

ニキビ

コラーゲンと一緒に摂取するべき食品

スポンサーリンク コラーゲンが多く含まれた食品を摂ったからといって「コラーゲン」がそのままの状態で吸収されるわけではありません。吸収する途中でアミノ酸に分解されます。これにより体の中にはコラーゲンをもう一度合成するために必要な(もともとコラーゲンだった)成分の多くが存在することになります。   つまり、コラーゲンは摂取しても直接吸収できるわけではなく、体内でコラーゲンを再合成するための成分を吸収しているということになります。コラーゲンだけをたくさん食べればいいのかというと、そうではありません。コラーゲンから作られるアミノ酸のほとんどは非必須アミノ酸で、必須アミノ酸はごく少量しか作られません。   ですから、コラーゲンの生成を活性化させるためには、アミノ酸を豊富に含んだタンパク質を同時に摂ることが大切です。肉類や魚介類、卵やチーズ、大豆や豆類などバランスよく取り入れることが欠かせません。コラーゲンだけを摂取しても体内吸収はできません。コラーゲンを体の中で再合成するには、ビタミンCや鉄分などの栄養が必要です。 スポンサーリンク   コラーゲンは体内で作られるときに、ビタミンCがないと完全なコラーゲンが作られないのです。コラーゲンとビタミンCを一緒に摂ることによって体の中でコラーゲンが合成され、ハリのある美しい肌を保つことができます。ですからコラーゲンの量だけにとらわれず、バランス良くいろいろな栄養を摂ることが大切です。みかんや柿、グレープフルーツなど果物と一緒に摂るのもおすすめです。   美肌やアンチエイジングに欠かせない「コラーゲン」は、ただ食べればいいというわけではないようです。コラーゲン以外のタンパク質やビタミンCなど他の栄養もバランス良く摂ることが大切です。身近な食品にもコラーゲンを多く含む食品がたくさんあります。毎日の食卓に上手に取り入れて、美しい肌を手に入れたいですね!   スポンサーリンク