奈良ですること10のリスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. 東大寺

 

東大寺(東大寺、東大寺)は、単なる遺跡以上の寺院です。 紀元728年に設立された古代の寺院の本堂を見逃すのは難しいでしょう。 今日見られるのは、紀元1709年に遡る再建で、元のものより30パーセント小さくなっています。 その状態でも、1998年まで世界最大の木造建築の称号を持っていました。

 

世界で一番大きな大仏があります。 いわゆる大仏の高さは約15メートルで、重さは500トンを超えます。 信じられないかもしれませんが、西暦752年に完成し、当時の日本経済はほぼ破綻しました。 なので、あなたが奈良で何を見るべきか疑問に思っていて、それが価値があるならば、それを見るべきです。

 

(奈良の大仏は、日本では2つあるうちの1つです。もう1つは、鎌倉にあり、少し小さく13世紀のものです。)

 

また、13世紀にさかのぼり、ビシャモンテンとコムクテンの2つの巨大で同じくらい古くからの像があるグレートサウスゲートに注目してください。 日本の仏教に関しては、東大寺ほど良くはありません。

 

プロのアドバイス:東大寺の裏の丘に隣接する二月堂をお見逃しなく。 とてもきれいで、奈良の美しい景色を眺めることができます。

 

 2. 奈良公園

 

初めて奈良を訪れたとき、私は真剣に目を疑いました。 最も内側の寺院地区を自由に駆け巡っていたのは、何千もの飼い慣れた鹿でした。 このエリアは奈良公園と呼ばれ、奈良を訪れる場所の一番上にあるはずです。

 

プロのヒント:多くの露店の1つから飼料を購入します。 他の食べ物は範囲外にしてください。 彼らはあなたのアイスクリームを奪い取って、離れて食用に見える他のすべてのことについて試みます。

 

奈良公園入場料

 

奈良公園への入場は無料です。 公園内の様々な寺院だけがあなたに少額の料金を請求します。 多くの人がインターネットで料金がかかるという情報を見ているかもしれませんが、実際は奈良公園の入場料はありません。 いいですよね。

 

奈良しか公園営業時間

 

奈良公園は年中無休で24時間営業しています。 公園の裏にある寺院(東大寺のような)だけが営業時間と入場料が要ります。 – あなたがそれを好むときはいつでも公園自体は開いています。 実際、あなたはそれを公園としてではなく、自由に歩き回ることができる街の一部として考えるべきではありません。

 

  3. 春日大社

 

奈良で一番好きな神社は、春日大社です。 私はそれを1万灯籠の寺院と呼んでいますが、それはもう少し少なくて、実際には仏教寺院ではないようです。 

 

プロのヒント:3,000個の提灯がすべて点灯しているマントロフェスティバル(2月3日と8月14日)に参加してみて下さい。 その間は、寺院周辺を散策するのは魔法以上の経験になるでしょう。

 

  2. 法隆寺

 

奈良は古代です、という言葉は本当です。 絶対に訪れなければならない場所の1つは法隆寺です。 どうして? それは世界で最も古い木造の建物だからです。 最近の研究によると、建設は西暦670年という早い時期に始まったのかもしれません。

 

火事と天候が彼らの通行料を引き上げるので、元の木質材料の約20パーセントが現在の建物に残っていると推定されます。 レイアウト、そしてあなたが見ることができる宝物はすべて日本の歴史のまさしくその夜明けから来ています。 奈良で見るべきもののリストに絶対に入れてください。 そこへ行くための定期バスがあります。

 

プロのヒント:世界的に有名な百済観音やその他1000年以上前の素晴らしいアートワークが納められているのでぜひ行ってみて下さい。

スポンサーリンク

 

  5. 薬師寺

 

寺院、さらに寺院。 奈良は本当に魅力的です。 ここで私が寺院病と呼ぶものを捕まえるのは簡単です。 問題:それらの一つ一つが他のものよりも美しいです。 上記のすべての場所のように、薬師寺は、ユネスコによって保護されている「古代の奈良の歴史的建造物」の一部です。

 

市内で最も明るくカラフルな寺院で、私のお気に入りのランドマークのひとつです。 残念なことに、972年と1528年には火災によって遺跡が灰になったため、今日ではほとんどの建物の観光客が再建を見ることができます(まだ東パゴダだけが8世紀にさかのぼります)。

 

  6. 依水園

 

たくさんの寺院を訪れた後は、少しリラックスしたいと思うかもしれません。 Isui-en(依水園)はただそれをあなたに提供するかもしれません。 美しい日本庭園は、カエデが赤くなる秋の間に訪れるのが一番です。 しかし、真実を言うと、静かな避難所とそのたくさんのティーハウスは、年間を通してまだ美しいでしょう。

 

寺院の中や周辺には、小さな庭園がいくつかあります。 奈良でやることのリストに少なくとも1つを必ず入れてください。

 

  7. 古墳の墓

 

奈良では、紀元3世紀から7世紀初頭にかけて、巨石の墓のいずれかが築かれるのを見ることができるでしょう。 これらの鍵の形をした古墳は広い濠に囲まれていて、古墳と呼ばれています。 実際には入ることはできません。実際、西側の科学者たちは、帝国家事庁では自分たちの専門家以外は誰も受け入れられないため、その中に何があるのか本当に知りません。 元皇帝の遺体。 奈良の御所の墓のような、伝説に近いそれらの中には、神宮皇后の休息地として崇められていたものがあります。

 

個人的に言って、私はこれらの古代の墓がツーリストガイドに載っていないのは絶対に奇妙だと思います。

 

 8. 平城京

 

奈良であまり知られていない遺産は平城京です。 ここであなたは710-40の間の日本の首都として役立った複合体の実際の遺跡を見ることができるでしょう。 (副参照:首都は、西暦794年のいわゆる平安時代の始まりとともに京都に移動しました。)

 

  9. 奈良県立美術館/奈良国立美術館

 

奈良公園の真ん中には、奈良県立美術館があります。 あなたが仏教、古代美術そして日本の文化に興味があるなら、それは素晴らしい博物館です。 私はそれがきれいだと思うが、もしあなたが法隆寺での展覧会に行ったなら、それは少し反復的かもしれません。 それは実際には町で唯一の美術館ではなく、最も有名な美術館です。 時間が足りない場合は、飛ばしてください。

 

奈良国立博物館に代わる素晴らしい美術館は、わずか2、3メートル先にある興福寺国宝博物館です。

 

  10. 東向商店街

 

日本の人々は彼らのショッピングアーケードが大好きです。 基本的に、すべての小さな町には1つあり、奈良も例外ではありません。 素敵なお土産を探している、または奈良で何を食べるべきか疑問に思っている場合は、奈良の東向商店街を見逃すことはできません。 光福寺を通り過ぎて中央駅まで戻ると、左側にあります。 たくさんの素晴らしい食べ物と、本物のギフトを提供するたくさんの小さなお店があります。

 

このビデオを観たい方はこちらをクリック

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*