おでこニキビの原因と予防

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おでこにニキビができると目立ってしまい、気分もブルーになってしまいますよね。おでこニキビができる原因は何でしょうか。その原因と予防方法について、まとめてみました。おでこから顔にかけてのTゾーンと呼ばれる部分は、特に皮脂腺が集中しており、肘の分泌が目立ちます。そのため、思春期などのホルモンバランスの変化により、皮脂が過剰分泌すると、それが原因で特におでこにニキビが目立つようになってしまうのです。

 

さらにもう一つ原因だと言われているのは、シャンプーや整髪用による肌ダメージです。案外見落としがちですが、整髪料の洗い残しがおでこについたままになり、それがニキビの原因になることもあります。他にも、前髪についた整髪料がおでこに付着して、肌に刺激を与えることも考えられます。また、帽子や前髪による摩擦も肌への刺激となり乾燥を招き、雑菌の繁殖を促してしまいます。

 

このように、おでこは皮脂分泌が多いうえ、ダメージを受ける外的要因もたくさんあるので、ニキビができやすいのです。ではこ、れらをふまえてどのように予防すべきかを次にまとめていきます。洗顔時は、汚れと皮脂をきちんと落としてあげなくてはいけません。しかし、ごしごし洗いはかえって肌を傷つけ、雑菌の繁殖を促してしまうのであくまでも優しくたっぷりの泡で洗い上げましょう。

スポンサーリンク

 

シャンプーや頭髪量の残りがつかないように、まずは髪から洗い顔は一番最後に洗いましょう。特に、髪の生え際などは忘れがちなので、しっかり洗ってくださいね!また、洗顔後の保湿も、皮脂の過剰分泌を抑えるためにはとても重要なので、アフターケアもきちんと行うようにします。ニキビができると、どうしても前髪や帽子などで隠したくなる気持ちはわかりますが、それはニキビを悪化させてしまいます。ニキビがさらに悪化しないように、前髪はきちんと止めて摩擦によるダメージを減らしましょう。

 

恥ずかしいかもしれませんが、一刻も早くニキビを治すためには我慢です。同時にメイクなどでカバーするのも、炎症を悪化させかねないので控えましょう。睡眠不足や食生活の乱れなどはホ、ルモンバランスの乱れの原因になり、それがもとで皮脂の過剰分泌が起こってしまうこともあります。おでこのニキビケアのためにも生活習慣を見直し、規則正しい生活でホルモンバランスを整え、皮脂分泌を抑えて肌のターンオーバーも正常化していきましょう。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*