飛行機でやってはいけない11のこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私たちが飛行機に搭乗するときの目標は簡単です。目的地にできるだけ安全にそして快適に行くことです。 より安全で丁寧な旅行者になるために、次の11個の間違いを犯さないように気をつけて下さい。

 

飛行機に乗っている仲間の神経を刺激することは極力避けましょう。 他人を避けることはあなたの命を救うことさえできます。 飛行機でしてはいけないことを学ぶために読んでください。

 

初めて飲む薬を試してはいけません

 

アムビエンがあなたを幻覚させたり、太平洋から35,000フィートの高さにある場所で、薬のやサプリのアレルギーが発覚したなら・・・あなたがまだ自宅でも服用したことない薬を飛行中に服用しないでください。

 

安全ブリーフィングを消さないでください

 

私は知っています – ブリーフィングは退屈です。それを百万回聞いたことがあります、そしてあなたはすでにシートベルトを締める方法を知っています。 とはいえ面倒なことに、情報はある日あなたの命を救うことがあります。 最低でも、最寄りの非常口がどこにあるか、またそれが席から何列離れているかを把握するために数秒かかります。 

 

爆弾について冗談を言ってはいけない

 

銃、武器、その他脅威にさらされる可能性のあるものについて、誰かがあなたのワンライナーを笑うことはないでしょう。 セキュリティ上のリスクがある可能性があります。 (注:税関とTSAの代理人にも同じアドバイスが当てはまります。)

 

食事中に座席を横にしないでください

 

旅行の世界で最大の議論の1つはそれがあなたの座席を横たえてもいいかどうかです。 どちらの問題を抱えても、食べ物や飲み物のカートが通路を転がってきたら、後ろの人がその通路にすぐ行けるようにするのは礼儀正しいことだと思っています。

 

飲みすぎないで

 

あなたが夕食と一緒にワインを飲んでいてもだれも不平を言うことはありませんが、アルコールを飲み過ぎることは脱水から無秩序な行動のために飛行機から追い出されることに至るまでの結果をもたらすことができます。 覚えておいてください:アルコール臭かったり、靴を脱ぎ捨てている人の隣に座りたいと思う人はいません。

 

臭い食べ物を食べてはいけない

 

マグロのサンドイッチやオニオンリングのプレートを持ってフライトに出かけないでください。 あなたがそれらを食べている間、彼らは悪臭を放つだけでなく、また残りの飛行時間、悪臭を放っていることは確実でしょう。

スポンサーリンク

 

客室乗務員の呼び出しボタンを悪用しないでください

 

客室乗務員の最優先事項は、気まぐれに対応するのではなく、安全を確保することです。そのため、その呼び出しボタンを押すタイミングを決定するときは慎重に検討してください。 気分が悪くなったり、夜間のフライトで喉が乾いて眠っている人たちを起こす可能性があるなら、ボタンを押してください。 客室乗務員がすでに夕食を提供していて、あなたが今酒のお代わりが欲しい場合は、飲み込んで辛抱してください。

 

あなたの席ではない荷物置き場に荷物を置かないでください

 

例えば16列目の上にある荷物置きに荷物を入れると、16列目に実際に座っている人が自分のバッグを収納するのに十分なスペースがないことが保証されます。 これは、飛行機の前にいる人が荷物を後ろに置かなければならなくなることを意味します。これは、飛行機から降りる時には、乗客が交通の流れに逆らうことを試みることになります。 他に方法がない場合を除き、みんなが協力してオーバーヘッド荷物置き場におけるようにしましょう。

 

座席の前に荷物が置けるなら頭上の荷物置き場に置かない

 

他の機内持ち込みシェナニガンでは、ローリングスーツケースとリュックとコートを全便でオーバーヘッドビンに入れる人にならないでください。 あなたの身の回り品を目の前の席の下に置き、他の人が大きな袋をビンに入れた後に残った空のスペースに自分のコートを押し込むことで、他の人のもののためのスペースを空けてください。

 

他の乗客に邪魔になるような足の伸ばし方はやめる

 

少数の重要な例外を除いて、人々が長いフライトでより快適に靴を脱いでも問題ありません。

 

第一に、あなたの足は他の人にできるだけ邪魔にならないようにするべきです。 あなたの素足のつま先を出すことなく伸ばして下さい。 次に、トイレに行く前に靴を履いてください。 そして最後に、足が臭いなら、他の乗客のためにもあなたの靴を履いたままにしてください。

 

あなたの隣人のスペース(またはスクリーン)を侵害しないでください

 

飛行機の座席がどんどん小さくなっていくと、広い肩や長い脚の乗客は、ある時点で自分の座席の境界を超えてしまうのをほとんど防ぐことができません。 しかし、私は、広げたり、肘掛けをかがめたり、後ろの人のビデオ画面を隠すような、意図的な(そして不快な)行動に反対しています。 あなたの隣人も彼らのスペースのために同じだけ代金を払っています。 それを尊重してあげて下さい。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*