お尻ニキビの予防方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お尻ニキビ対策としては、次のようなアプローチ方法があります。パソコンや事務作業など座って行う作業が多い人は、必ずクッションを利用するようにします。硬い椅子に長時間座っていると、それだけでお尻に負担をかけてしまいます。また、休憩時間にはできるだけ立ち上がって、ストレッチなどを行うと、少しでもお尻の負担を減らすことができます。クッションだけでは、通気性が悪いので、下着の素材にこだわることも大切です。

 

最も良いのは、綿性などの通気性の良い下着を付けることです。洋式トイレを使うときには、便座を清潔に保つようにします。もちろん、下着は清潔なものを身につけ、汗をかいたりしたら、こまめに取りかえます。入浴やシャワーの際には、ていねいにお尻も洗うようにしましょう。ただし、あまり洗浄力の強いせっけんやボディソープを使うのはお肌の乾燥を招いてしまいます。お肌にやさしい低刺激性のものを使うのがおすすめです。

 

入浴後は、お肌が乾燥しているので、きちんと保湿ケアを行います。顔の保湿は行うのに、ボディはおざなりになっている人は多いものです。お肌は、乾燥を感じるとますます多くの皮脂を分泌しようとします。皮脂の過剰分泌を予防するためにも、お肌に水分補給をすることが大切です。お尻の保湿は、ボディローションやクリームなどでもよいです。しかし、すでにお尻ニキビができている人や、お尻ニキビができやすい人は、専用のアイテムを使う方がよいでしょう。

スポンサーリンク

 

お尻の皮膚は厚くなっていますので、通常のクリームでは、有効成分が浸透しにくいからです。お風呂上りに、これらの専用クリームを薄く塗り広げることで、眠っている間も乾燥を防いでくれます。お尻ニキビができやすいという人は、普段の生活で皮脂の分泌を促進するような生活をしていないかチェックしてみましょう。規則正しい生活、バランスの取れた食事、ストレスをためないことなどが大切です。

 

ニキビなどの肌トラブルに悩む人は、お肌のターンオーバーを正常に保つことも大切です。お肌に新陳代謝がうまく働いていないと、ニキビが治ってもニキビ跡になってしまうこともあります。お肌にターンオーバーを正常にするには、良質な睡眠をとること、コラーゲンの生成を助ける食事、血行を良くすることが大切です。

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*