気になるニキビ痕を治す方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなに気をつけていても、ニキビ跡が残ってしまうことってありますよね。そんなときに、できるだけ早くニキビ跡を治す方法にはどんなことがあるのでしょうか。できてしまったニキビ跡を治すコツと方法について、考えてみました。ニキビ跡を治すうえで重要なポイントはまず、今あるニキビをこれ以上刺激して悪化させないことです。いくらニキビ跡を治しても、さらにニキビ跡が増えてしまっては、いつまでたってもきれいな肌は手に入りません。

 

まずはニキビをつぶさない、触らないを徹底していくことが最初のニキビ跡を治す上のコツと言えるでしょう。食事の上でも、ニキビを治すために改善できることがたくさんあります。まずは、肌への潤いの下となるコラーゲンを増やすために、タンパク質を意識してたくさん摂取していきましょう。次に、肌のターンオーバーを促すことができる、亜鉛や鉄分といったミネラルを補い、新陳代謝を高めていきます。さらに、ビタミンB群を摂取することで、皮膚粘膜の修復や皮脂の過剰分泌を抑制することが期待できます。

 

これらをバランスよく摂取することで、肌を体の中から健やかな状態へ導いていくことができます。肌のターンオーバーは、22時から2時の間に最も活発に行われていると言われています。さらに睡眠不足が続くとホルモンバランスが乱れ、肌のターンオーバーは正常に機能しなくなり、皮脂の過剰分泌の原因にもなります。だからこそ、22時から2時の間は必ず眠りにつくようにして、さらに最低でも6時間以上は睡眠をとるように心がけてください。

スポンサーリンク

 

ニキビ跡を治すためには、肌の真皮層まで届く浸透力の高いスキンケア商品を使うことが有効だと言われています。また、保湿効果が高く肌に潤いを与え、毛穴をふっくらと仕上げ、さらに肌のターンオーバーも正常化することができるものを選ぶことが重要です。ビタミンC誘導体、レチノール、プラセンタなどが有効な成分だとして配合されています。そして何より、そのスキンケアを毎日継続的に行うことがニキビ跡を治すためにはとても大切です。

 

洗顔も毎日丁寧にやさしく行うことで肌へのダメージを減らし、毛穴の汚れをしっかり取り除くことができるので、さらに浸透力をアップさせ清潔な肌を保つことができます。ニキビ跡は、色素沈着を改善することも必要です。そのため、紫外線を浴びるとさらに悪化してしまうので、なかなか改善されません。ニキビ跡をケアしている際は、きちんと紫外線対策を行い症状を悪化させないよう気を配ることもポイントです。

 

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*