旅行

カナダについての短い情報

スポンサーリンク カナダは、世界で2番目に大きい国で、北アメリカの北部の大部分を占めています。南のアメリカから北の北極圏までの広大な土地をカバーしています。 それは莫大な距離と豊かな天然資源の国です。   長い間植民地時代の北アメリカの一部であった、カナダはイギリスの王冠との関係を保ちながら19世紀半ば(1867年)に自治コロニーになりました。   カナダは西でアラスカ(米国)と国境を接しています、そして南の大陸アメリカ合衆国の12の州はグリーンランド(デンマークの自治領)とフランスに属する島であるサンピエールとミケロンと海上国境を共有します 。   カナダの景観は幅広い自然景観を提供し、複数の地理的地域に分けられます。 最大の地理的地域であるカナディアンシールドは、国の半分を占め、ハドソン湾の中心にあります。 カナダの南東部は、ミシガン湖、スペリオル湖、エリー湖、オンタリオ湖の五大湖に囲まれた低地に支配されています。   国土面積は9,984,670km²で、西半球最大の国です。 アメリカと比較すると、フランスより18倍大きいです。   3,630万人(2017年)がこの国に住んでいます。これは近隣のアメリカの人口の約10%です。 首都はオタワ、最大の都市はトロント、話されている言語は英語とフランス語です。   バックグラウンド:   北アメリカ北部の広大な土地には、41の国立公園と何百もの州立公園があり、カナダは自然の遊び場です。   国連はカナダを世界で最も住みよい国の1つにランク付けしました。 カナダは、その優れた生活の質、安定した進歩的な政治環境、そして世界で最も健康的な経済のひとつとして世界的に認められています。 経済的にも技術的にも、この国はアメリカと並行して発展してきました。アメリカは南部の隣人であり、国境を越えて国境を越えます。 スポンサーリンク   政治システム   カナダの政治体制は、正式な憲法上の君主制を伴う連邦議会の代表民主主義です。 国務長官は総督によって代表される英国君主(エリザベス女王2世)で、君主によって任命されます。 理論的には、行政権は君主にありますが、実際には、君主とその代理人は非政治的で主に儀式的な機能を果たします。 政府の首長はカナダの首相(Justin Trudeau)です。 […]

English

Diet tips part 36. (from Japan)

スポンサーリンク Let’s do a whole body diet with radio exercises   Radio exercises are the perfect way for people who want to do a full-body diet. Most people will experience radio exercises in their childhood, […]

その他

口臭予防にオススメの歯ブラシの選び方

スポンサーリンク 歯磨きをする上で重要なのは、磨き方だけではありません。 歯ブラシや歯磨き粉そのものの選び方も重要です。 それによって、口臭の原因をより効率よく解決する事ができます。 普段、何気なく安いものを購入している人が多いでしょうが、歯磨きによる口内ケアを完璧に行うためには、それ相応の道具が必要という事です。   まず歯ブラシですが、基本的には「ヘッドの大きさ」「ブラシの硬さと毛先」「グリップの長さ」が重要です。 まずヘッドの大きさですが、口の奥に入らないくらい大きいものは好ましくありません。 ヘッドが大きい方が磨くのに時間が掛からないというメリットもありますが、デメリットの方が大きいので、素直に標準、または小さめのものを選びましょう。   ブラシの堅さは、標準、もしくは柔らかめがおすすめです。 硬めの歯ブラシは、柔軟性、弾力性に欠けているので、ブラッシングの際にしなりがあまりできず、使い勝手が良くありません。 また、硬いと歯茎を傷めやすく、血が出やすいという難点もあります。 スポンサーリンク   ブラシの毛先は、細い方がより歯と歯の間に入りやすく、綺麗にしやすいのですが、すぐに開いてしまうという難点もあります。 程々の細さの方が長持ちしやすいですが、ある程度短いサイクルでの買い換えも視野に入れるなら、細い方が良いでしょう。   そして、意外と重要なのがグリップの長さです。 一見、あまり重要ではないように思われる部分ですが、グリップがしっくりこないと非常に磨き難く、結果としておざなりな歯磨きになり、口臭の原因が放置されたままになる事が多いのです。 短すぎず、長すぎず、自分の手に合った適度な長さの歯ブラシを見つけましょう。   スポンサーリンク

その他

日常的にできる下腹部ダイエット

スポンサーリンク 下腹部の膨らみが悩みの種という人がいますが、人間の体は、脂肪をお腹に蓄積することで、内臓を守るようにできています。腹部は、体の他の場所は比較しても痩せづらく、ダイエットをしてもなかなか細くならない場所だと言われています。お腹をスリムにしたいと努力してもダイエット効果が出にくいのは事実ですが、全く効果が出ないかと言ったらそうではありません。   時間を掛けてウェストを意識した体操や運動などをすれば、必ずダイエット効果を得る事が可能です。ダイエットで大事なことは、毎日少しずつでも、時間をかけた実践することです。お腹のダイエットを実践する上で必要なのが食事制限と体操です。お腹の近くにある筋肉を使うトレーニングが、腹回りを引き締めます。   日頃使うことがない筋肉を刺激する運動をするので、初めのうちは、体の動きがぎくしゃくする可能性もあるでしょう。ダイエットのために頑張って体操を続ける事で、だんだんとスムーズに動かす事が出来るようになってきます。 スポンサーリンク   体操の時は姿勢も大事で、猫背になると骨盤の傾も歪んでしまうので、出来るだけ胸を張って正しい姿勢で行うようにします。運動時以外でも、気づいたらこまめに背すじを伸ばし、猫背の癖を改善することで、お腹のでっぱりも減ります。お腹を意識した体操を毎日こつこつと続けることよって、誰でもダイエットの効果を得ることができるようになります。   スポンサーリンク