旅行

マレーシアを訪問するのに最適な時期

スポンサーリンク マレーシアの地理的な形と場所のために、季節は半島の一方の側と他方の側と目的地によって異なります、そしてそれ故に、国を訪問する最もよい時期は変わることができます。   全体として、マレーシアの西側の島々(ペナンやランカウイなど)を訪れる予定の場合は、マレーシアを訪れるのに最も適した時期は12月から2月の間です。 国の東海岸のPerhentiansとTioman島を訪問してください。   東マレーシア(ボルネオ)とマレー半島では天気が異なることがよくあります。 マレー半島でも、北部で最も人気のある島、ペナンとクアラルンプールでは天気がまったく異なる場合があります。   キャメロンハイランドを除いて、夜はジャケットに値するのに十分湿っていて寒いです、マレーシアは一年中暑くて湿ったままです。 主な関心事は降雨量であり、そしていくつかの島を訪問する場合、海の状態です。   クアラルンプール天気   クアラルンプールは熱帯気候です。一年中雨が降り、日差しと雨が多く降ります。 完全に乾いたクアラルンプールへの訪問を期待しないでください。 雨はいつでも降ります。 最も乾燥している7月のピーク月でさえ、平均11日の雨。 クアラルンプールは季節に関係なく北西モンスーンからの豊富な降雨量を受け取りますが、最も乾燥した月は通常6月、7月、8月です。 7月は通常、最も雨の日が少ないです。 クアラルンプールの最も乾燥している時期は4月、10月、11月です。   ペナン天気   マレーシアの料理で有名な大きな島、ペナンで最も乾燥している時期は12月から3月です。 1月と2月が最も理想的ですが、彼らはまた猛暑です。 気温と湿度は、4月までに1日3回のシャワーレベルまで上がります。   9月と10月は、ペナンで最も雨の多い月です。   マレーシアのボルネオ島天気   マレーシアのボルネオ島、または東マレーシアは、世界で3番目に大きい島で、マレーシア半島の東です。 天気は夏の間(6月、7月、8月)に最適で、数多くのアウトドアアドベンチャーを利用するのに最適です。 それにもかかわらず、一年中雨が降り続いているため、絶滅の危機に瀕しているオランウータンにとっては、熱帯雨林は青々とした緑に保たれます。 […]

旅行

社員旅行の目的別行き先

スポンサーリンク 関東圏で社員旅行をプランニングするのは難しいのでしょうか。 定番の温泉などの企画では社員全員が満足することはできません。 ただ、関東では2時間程度の移動距離を考慮すればたくさんの観光地があります。 すべての人が満足することはできないとしてもコミュニケーションの一助になればいいと考えるべきでしょう。 会社によっては宿泊の翌日に運動会などのイベントを行っているところもあります。 その場合はグランドなどの施設が近くにあることが条件となります。   旅行会社にすべてを依頼することは難しいですから、幹事さんたちがいろいろとプランを考えなければなりません。 あなたは旅行を計画することが楽しいですか。 会社の中には必ず感じが好きな人がいます。 おすすめの場所やおすすめプランをインターネットから拾い出してくれるでしょう。 予算を安くするためにホテルのランクを下げることも必要かもしれません。 おすすめは休暇村那須や休暇村日光湯元でしょうか。 宿泊費が安く上がりますし、サービスが極端に悪いわけではありません。 社員が宴会で盛り上がることができれば、それだけでいいのかもしれません。 関東には休暇村がたくさんありますね。 一般の旅行と社員旅行の違いを理解しておくことが大切です。 関東の近場を選んでもいいですが、予算に余裕があるなら遠方への旅行も計画したいものです。 飛行機での移動なら日本中どこでも行けるでしょう。 社員の雰囲気によっても内容を変えなければなりません。 おすすめだけで済まないこともあります。   毎年恒例の社員旅行でどこに行くか悩んでいる幹事さんも多いでしょう。 幹事の言うことを聞かずに勝手な意見ばかりを言っている人が必ず一人はいるでしょう。 そんな幹事さんの苦労を肩代わりしてくれるサイトがたくさんあります。 条件を入力したらおすすめのプランを考えてくれるのです。 機械的に設定したプランの中なら選ぶこともできますが、場所によって行く先はかなり違うでしょう。 他の人が考えたプランを参考にするのもいいですね。 関東圏でおすすめはどこでしょうか。 関東の中でも東京の人は地場の東京都での社員旅行は行かないのでしょうか。   関東に限らず、いつも見慣れている風景では社員旅行に行った気分ではないですね。 少し離れたところがいいでしょう。 神奈川県はどうでしょうか。 […]

旅行

デンマーク旅行で着るべきものリスト

スポンサーリンク 旅行が近づいてくるとドキドキワクワクしてきますよね。普段の生活から離れ、リラックスしたり、観光を楽しんだりと何をしようか思い巡らせていると思います。 おそらくどんな服を持っていけば良いか迷うこともあると思います。   デンマークで何を着るべきか   荷造りを始める前に、これを読めばデンマークに持っていくべき服装がわかるので安心して旅行に旅立てると思います。   デンマークは穏やかな気候です。 しかし、地元の人なら誰でも知ってるように、デンマークの天気はちょっと予測できないかもしれません。 時にはあなたは同じ日の中で、しばしば一日の真中でさえも異なる気象条件を経験するかもしれません!   時期にかかわらず、重ね着できるものを持っていくことをおすすめします。 その日は快晴で始まるかもしれませんが、いったん空が曇り暗くなると、非常に寒く、風が強くなることがあります。 レインコート、傘、防水靴またはブーツを持っていくことによって、どんな雨の状況にも備えておくことは賢明でしょう。 これらの衣料品は、夏や冬の間に訪れるかどうかに関係なく役立ちます。   地元の人が好む特別なファッションスタイルがあるのか、それともデンマークにドレスコードがあるのか疑問に思うかもしれません。 ドレスコード自体はありません。 しかし、デンマーク人は優雅さを伴う非常に古典的なファッション感覚を持っています。 カジュアルドレスとジーンズが最も一般的なファッションアパレルのようです。   夏に何を着るべきか   より明るい服を着たいでしょう。 暖かい季節には、ジーンズと快適な靴で、軽量のニットベストを見るのが一般的です。 薄手のズボンに素敵なTシャツ、そして夏でも、天候が劇的に変化することがあるので、ジャケットやコート、できれば防水性のものを持参するのが賢明です。 女性のために、ナイロンストッキング、または他の靴下とスカートも同様にファッショナブルでおすすめです。 スポンサーリンク   冬に何を着るべきか   かなりの量の雨が降ったり、まれに雪が降ることがあります。 体を暖かく保つためには、衣服を重ねることをお勧めします。 ウールやコットンで作られた長袖やベストがあるトップスは、この時期にぴったりです。 […]