旅行

韓国への旅行

スポンサーリンク 2015年には1,300万人を超える国際観光客が訪れ、韓国への旅行が増加しています。これらの旅行者のほとんどは、近隣の日本、中国、および東アジアからの旅行者です。また、 軍事サービス、ビジネスのため、または英語を教えることのために行く人たちもいます。   韓国での旅行は、ユニークでやりがいのある経験になることが予想できます。   韓国旅行でのポイント   おいしい食べ物:スパイシーなキムチを加えた韓国のビビンバは、一度味わうと病みつきになる味です。   技術に精通した文化:韓国は世界最速のインターネット速度を誇っています。 携帯電話が多く、北朝鮮とサイバー戦争が繰り広げられています。ロボットも問題です。   群衆:韓国の人口密度は高く、1平方マイル当たりおよそ1,113人の人々がいます。 2016年の時点で、ソウルとその周辺の大都市圏は、2500万人以上の人々が住んでいて、市内には1000万人近くが住んでいました。 ソウルにはプライバシーや肘掛けの部屋をあまり期待しないでください。   強制軍隊:18歳から35歳までのすべての韓国人男性は軍隊で奉仕することを強制されています。 韓国は一人当たりの兵士数で世界第2位にランクされています。 韓国に駐留している3万人近くの米軍兵士が韓国の治安維持を助けます。   韓国ビザ条件   アメリカ国民は、最初にビザを申請せずに90日間韓国に入国し滞在することができます(無料)。 韓国に90日以上滞在する場合は、領事館に行き、外国人登録証を申請しなければなりません。   韓国で英語を教えたい人は、到着する前にE-2ビザを申請しなければなりません。 申請者はHIV検査に合格し、学業の卒業証書と成績証明書のコピーを提出する必要があります。 ビザの規則は変わることがあり、また変わることもあります。 あなたが到着する前に最新の韓国大使館のウェブサイトをチェックしてください。   韓国の旅行税関   旅行者は関税や税金を支払うことなく最大400ドルまでの商品を韓国に持ち込むことができます。 これには、1リットルのアルコール、200本のタバコ、または250グラムのタバコ製品が含まれます。 […]

旅行

フィリピンの天気:気候、季節、および月平均気温

スポンサーリンク フィリピン –  10,000マイルに7000以上の島が広がっている国 – は、その天候の提供において多様でありえます。 一般的に言って、この国は一年中熱帯気候を楽しんでいます。 11月から4月は、この地域を訪れるのに最も快適な時期です。湿度が最も低く、涼しい日で、晴天が広がるためです。   南西と北東のモンスーンがフィリピンの島々に一年中影響を与えているので、天気がフィリピンの文化に深く根付いているのは当然のことです。 天気について地元の人に尋ねると、典型的なモンスーンの名前を知ることができます。amihanは乾季に曇りのない空とニッピーの朝をもたらす涼しい北東モンスーンを意味し、habagatは雨と台風をもたらす南西モンスーンです。 旅行者は雨季に気を付けるべきである。   フィリピンの台風シーズン   南西モンスーンは赤道太平洋から吹き込み、6月から11月にかけてフィリピンに大雨と突風をもたらします。 この季節には、致命的な台風(東半球のハリケーンに相当するもの)が上陸する可能性があります。 歴史的には、高潮や地滑りを伴う悪天候が大量破壊を引き起こし、何千人もの人々を犠牲にし、数十億ドルもの復興をもたらしてきました。   近年、「超台風」の出現により、フィリピンの天気は大きな関心事となっています。 太平洋の台風帯の最東端に位置するフィリピンは、到来する暴風の影響を受けています。 あなたが台風シーズンの最高時に旅行しているならば、それに応じて荷造りして、激しい嵐に耐えるのに適した家またはホテルに滞在することによって予防策を講じてください。   フィリピンの人気のある都市   マニラ   5月は市内で最も暑い月ですが、マニラ –  178万人の人口を持つフィリピンのベイサイド首都 – を訪れることは実に暑くて湿度が高い場合があります。 しかし、乾季の間は、涼しい朝と許容できる昼間の気温で街中を耐えることができます。 都市の多くの地域が洪水の影響を受けやすいため、ハバガットによる雨季にはこの地域を避けてください。 そして、それは真っ暗な濁った水の中に入っていくのは魅力的に思えるかもしれませんが(特に暑くなるとき)、これは非常にお勧めできません。 […]

旅行

オーストラリア、アーリービーチを訪問する11の素晴らしい理由

スポンサーリンク ケアンズやブリスベンのようなクイーンズランド州のホットスポットからはかなりの距離ですが、アーリービーチは訪れる価値があります。 グレートバリアリーフだけでなく、世界的に有名なウィットサンデー諸島の本拠地でもあります。エアリービーチを訪問するのにさらに理由が必要な場合は、読んでください。   素晴らしい天気   エアリービーチは亜熱帯気候であるため、年間を通して晴天の恩恵を受けます。 夏は雨季でもクラゲシーズンでもあり、気温は最高32℃に達することがあります。 しかし、エアリービーチは実際には隣接するウィットサンデー諸島よりも降雨量と湿度が少ないです。 冬は1日の平均気温が23℃となるので、6月から10月までの間にご訪問ください。   ホワイトヘブンビーチの本拠地   ホワイトヘブンビーチは世界で最も有名なビーチのひとつに値する。 ウィットサンデー諸島で最大のウィットサンデー島に位置しています。 エアリービーチからボート、ヘリコプター、または飛行機でのみアクセス可能です(予算によります)。 この浜辺の純粋なケイ砂は7キロメートル(4.3マイル)伸びており、コーラルシーの紺碧の海と組み合わせると、なぜ受賞したのかが簡単にわかります。   最高の島巡り   エアリービーチは、74のウィットサンデー諸島への入り口です。 開発された島は、ハミルトン島、ヘイマン島、サウスモール島、デイドリーム島、ロング島、リンデマン諸島の7つだけです。 残りは冒険好きな旅行者に探されるのを待っているところです。 高級リゾートでしばらく滞在するか、エアリービーチからの日帰り旅行でウィットサンデーを発見してください。   グレートバリアリーフ   さらに言えば、人々がアーリービーチを訪問する主な理由は、グレートバリアリーフへのアクセスのためです。 アーリービーチには、グレートバリアリーフでの様々な体験を提供するツアー会社がいくつかあります。 あなたはボートで一晩滞在するか、公認ダイビングをするか、またはアウターグレートバリアリーフのいくつかの異なる場所でシュノーケリングをすることができます。 グレートバリアリーフを故郷と呼ぶ美しい生き物を見る機会をお見逃しなく。   トータルツーリストタウン   エアーリービーチは観光用に作られています。 […]

旅行

おすすめ家族海外旅行の行き先(台湾・ハワイ・オーストラリア編)

スポンサーリンク 家族旅行でお出かけする海外の旅行先として、おすすめの国を具体的に挙げてご紹介してゆきましょう。 高齢者にもお子様にもどのような年齢のかたにも真っ先におすすめしたい海外は、台湾です。 台湾は、沖縄本島よりやや南に位置する島国ですので、まず第一のおすすめ理由は日本からの距離が非常に近く、飛行機に乗っていても疲れないことですね。 また、飛行機の発着時間を調整することで、出国当日も帰国当日も観光が可能なため、旅行日数が短くてすみます。 これらを考えれば、小さなお子様連れでも高齢者でも不安なく一緒に行けそうな気がしませんか。 さらに台湾という国は、大変な親日国家でありますから、日本人に大変優しく、親切なかたが多いです。 実際、台湾を旅した日本人のかたは、ほぼ全員が台湾を好きになったと話しています。 旅行するのに困難を感じない国は意外と多いのですが、「快適に」旅が出来るという点では、台湾は三本の指には入るでしょうね。 気候は沖縄県に似たような感じで、夏は暑く、冬は比較的温暖なので、冬休みでも過ごしやすいでしょうね。 常夏ではありませんから、冬に「暑さ」を期待してはいけません。 夏は暑いと申しましても、やはり赤道直下ではありませんので、日本の南部と同等の夏を想像すれば良いでしょう。 ですので、夏休みの家族旅行先として選んでも問題ないでしょう。 夏休みであれば、もちろん台湾でも海や浜辺で泳いだり、マリンスポーツを楽しむことが出来ますし、街歩きも楽しいです。 食事も、問題ありません。 日本人の口にとても合う味付けですので、中華料理が苦手とおっしゃるかた以外は、食事の楽しみもありますね。 台湾の観光見所は寺院が多いのですが、自然景観も素晴らしいものがありますし、夜になるとたくさんの屋台が出て賑わう「夜市」もとても楽しいです。 ご家族みなさんで楽しめて、安心して旅ができる台湾、ご検討してみてください。   今も昔も日本人が大好きな海外の旅行先第一位のハワイ。 やはりハワイはおすすめの旅行先からは絶対に外せない島ですね。 どうしてあんなにハワイが人気なのでしょう。 多くのかたは気候が大変に過ごしやすいということを挙げますし、また別のかたは、数多くのマリンスポーツが安全に楽しめることを挙げます。 さらに別のかたは、のんびりと快適で安全なリゾート地でありながら、ショッピングや観光など多様な楽しみかたが出来ることを挙げます。 中には、だいたいどこでも日本語が通じるから滞在しやすいと言うかたもいらっしゃいます。 とにかく、これら全てが揃っている海外の地がハワイなのですね。 そして、これだけ様々なものが整っているということは、幅広い年齢層にウケが良いということでもありましょう。 誰が行ってもそこそこ楽しむことが出来るのですから、家族旅行としては最適といって間違いないと思います。 現に、家族旅行の行き先でもハワイは常に上位です。 お聞きになったことがあると思いますが、ハワイは常夏の島と言われているわりに、乾燥した気候ですので、日本のようにジメジメした暑さではなく、過ごしやすい暑さだと言われています。 そうであれば、夏休みにお出かけするもよし、冬休みにお出かけするのも良いでしょう。 日本との温度差を考えれば、夏休みをおすすめしますが、健康や体調管理に自信のあるかたは冬休みでも良いと思います。 また、ハワイは英語が話せなくてもほとんど困ることがありませんから、そういった意味でもどなたにもおすすめ出来るのですが、ショッピングもマリンスーツも興味がないかたは、オワフ島以外の島めぐりも候補にいれておくと良いですよ。 ハワイの食事は基本的にはアメリカ風のものが多いです。 しかし、日本人の観光客が非常に多いので、日本食のレストランも多数ありますから、食事につきましても安心してください。 […]