旅行

南太平洋の島、クック諸島の文化

スポンサーリンク クック諸島の文化は、南太平洋で1,800,000平方キロメートル(690,000平方マイル)に広がるポリネシアの島国としての15の島々の伝統を反映しています。 それはニュージーランドと自由な関係にあります。 その伝統は島を数世紀にわたって解決した人々の影響に基づいています。 タヒチ出身のポリネシア人は、6世紀にクック諸島に移住しました。 ポルトガルの船長、ペドロ・フェルナンデス・デ・ケイロスは、17世紀初頭に最初の記録されたヨーロッパに上陸をしました。 現在の名前 宣教師は19世紀初頭にクック諸島に学校とキリスト教をもたらし、書面による言語を開発しました   クック諸島の文化は、ポリネシアの伝統とヨーロッパの影響、そして芸術と工芸、音楽とクック諸島の歌を中心にした独特のアイデンティティ、習慣、そして伝統の興味深いミックスです。 太平洋で最も優れた芸術家の何人かと考えられて、クック諸島文化は入れ墨、木彫り、織り、絵画と布のデザインを通して表現されます。 以下はクック諸島の文化についての最も興味深い事実です。   入れ墨   1800年代半ばのクリスチャンの宣教師は、当時の「タブー」の入れ墨を禁止しようとしましたが、クック・アイランダーズはこの伝統を守り続け、古代の象徴性と遺産から生まれたデザインで身に着けました。 誇らしげに自分の伝統的な血統を意味する。   木彫り   木彫りもタンガロアの最も一般的なシンボルで一般的な方法です。 フィッシュフック、戦争クラブ、槍、絵コンテ、カヌー、さらにはボウルからのものはすべて木から彫られ、美術館だけでなく多くの市場で見ることができます。 織ることは伝統的な生活のもう一つの部分であり、ココナッツ繊維とパンダナスはロープ、漁網、ウナギの罠やかごからサンダル、帽子、マットと扇風機まで日常生活で使われるものすべてに使用されます。 スポンサーリンク   ペインティング   絵画はクック諸島の文化の中で芸術のもう一つの人気のある形です。 リラックスした生活様式と素晴らしい自然環境は、何世紀にも渡って博物館として役立ってきました。 島の伝統的な要素にインスパイアされたクックアイランダーズは、肖像画やスケッチから水彩画、油絵、木彫りの彫刻、伝統的な模様、象徴的な島の動植物まで、あらゆるものを作り出しています。   音楽   クック諸島の文化の大部分は音楽で構成されています。 ドラムの呼び出しから彼らの踊りの優雅さ、そしてクック諸島の歌への高揚まで、音と動きは歴史と精神性を通して旅へあなたを連れて行くでしょう。 […]

その他

下半身ダイエットにオススメの運動

スポンサーリンク 下半身の運動を続けることで、ダイエットの効率アップ効果が期待できます。下半身を鍛えるダイエットは、今まで色々なやり方を試しており、失敗ばかりという人にやってみてほしい手法です。ジョギング、縄跳び、スクワットは下半身の筋肉を使うことが多い運動ですので、特におすすめです。これらの運動をする時には、膝や、腰に負担がかかりすぎないようにしましょう。   腰周りや、膝、足首ながの関節に負担が及ばないように配慮することも必要になります。ダイエットをする時には、身体に負荷がかかりすぎないように気をつけながら運動をすることです。効果的なダイエットを行うためには、有酸素運動をする前に、少しだけでも筋トレのような運動をして筋肉を暖めておきます。体内に蓄積されていた脂肪をエネルギーとして消費するには、適度な有酸素運動が適しています。 スポンサーリンク   脂肪は体のいろいろな場所に蓄積されますが、運動などをすることで、筋肉に近い位置にある脂肪から使われてなくなっていきます。下半身についている脂肪は、足の大半を覆っている脂肪を鍛えることで、エネルギーとして消費されます。   自分の体調や体力と相談して、無理がかからない程度にダイエットをすることが、長続きのコツです。一度痩せた後、また元通りの体重に戻ることがないよう、ダイエットは簡単にできる方法で長く続けることが重要です。   スポンサーリンク

その他

口臭予防にオススメの歯磨き粉

スポンサーリンク 歯ブラシと同様に、安いもの、よく出回っているものをついつい購入しがちな歯磨き粉。 実は、かなり多くの歯磨き粉が販売されているという事を知らない人も、結構いるのではないでしょうか。 種類が多いという事は、当然ながら様々な用途によって使い分けができるようなラインナップになっているという事です。 よって、選ぶ上でも注意が必要という事になります。   口臭の原因を取り除くために歯磨き粉を選ぶ場合は、「医薬部外品」と記されている歯磨き粉を選ぶ方が良いですね。 歯磨き粉には、基本成分のみで構成された「化粧品歯磨剤」と、薬効成分を含んだ「医薬部外品歯磨剤」とがあります。 化粧品歯磨剤の場合、値段は安いものの、効力という面ではそれほど高くない商品が大半を占めています。 通常の歯磨きであれば、それでも問題はありません。 ですが、口臭の原因を除去するという明確な目的がある以上は、それでは物足りないですね。 薬効成分を含んでいる歯磨き粉であれば、歯垢の除去や臭いの軽減など、様々な効果が期待できます。 スポンサーリンク   さらに、「医薬品」の歯磨き粉もあります。 非常に強い薬効成分を含んだ商品で、主に歯肉炎や歯周病の治療に使用します。 そのため、口臭予防というよりは、既に口臭で悩んでいる人向けの歯磨き粉といえるでしょう。 当然、他の歯磨き粉と比べ、価格は高めになっています。 どの歯磨き粉を選ぶかによって、歯磨きの効率は大きく変わります。 自分が抱えている問題にはどんな歯磨き粉が有効か、成分や効能をしっかりとチェックしてから購入するようにしましょう。   スポンサーリンク

旅行

カナダについての短い情報

スポンサーリンク カナダは、世界で2番目に大きい国で、北アメリカの北部の大部分を占めています。南のアメリカから北の北極圏までの広大な土地をカバーしています。 それは莫大な距離と豊かな天然資源の国です。   長い間植民地時代の北アメリカの一部であった、カナダはイギリスの王冠との関係を保ちながら19世紀半ば(1867年)に自治コロニーになりました。   カナダは西でアラスカ(米国)と国境を接しています、そして南の大陸アメリカ合衆国の12の州はグリーンランド(デンマークの自治領)とフランスに属する島であるサンピエールとミケロンと海上国境を共有します 。   カナダの景観は幅広い自然景観を提供し、複数の地理的地域に分けられます。 最大の地理的地域であるカナディアンシールドは、国の半分を占め、ハドソン湾の中心にあります。 カナダの南東部は、ミシガン湖、スペリオル湖、エリー湖、オンタリオ湖の五大湖に囲まれた低地に支配されています。   国土面積は9,984,670km²で、西半球最大の国です。 アメリカと比較すると、フランスより18倍大きいです。   3,630万人(2017年)がこの国に住んでいます。これは近隣のアメリカの人口の約10%です。 首都はオタワ、最大の都市はトロント、話されている言語は英語とフランス語です。   バックグラウンド:   北アメリカ北部の広大な土地には、41の国立公園と何百もの州立公園があり、カナダは自然の遊び場です。   国連はカナダを世界で最も住みよい国の1つにランク付けしました。 カナダは、その優れた生活の質、安定した進歩的な政治環境、そして世界で最も健康的な経済のひとつとして世界的に認められています。 経済的にも技術的にも、この国はアメリカと並行して発展してきました。アメリカは南部の隣人であり、国境を越えて国境を越えます。 スポンサーリンク   政治システム   カナダの政治体制は、正式な憲法上の君主制を伴う連邦議会の代表民主主義です。 国務長官は総督によって代表される英国君主(エリザベス女王2世)で、君主によって任命されます。 理論的には、行政権は君主にありますが、実際には、君主とその代理人は非政治的で主に儀式的な機能を果たします。 政府の首長はカナダの首相(Justin Trudeau)です。 […]

その他

口臭予防にオススメの歯ブラシの選び方

スポンサーリンク 歯磨きをする上で重要なのは、磨き方だけではありません。 歯ブラシや歯磨き粉そのものの選び方も重要です。 それによって、口臭の原因をより効率よく解決する事ができます。 普段、何気なく安いものを購入している人が多いでしょうが、歯磨きによる口内ケアを完璧に行うためには、それ相応の道具が必要という事です。   まず歯ブラシですが、基本的には「ヘッドの大きさ」「ブラシの硬さと毛先」「グリップの長さ」が重要です。 まずヘッドの大きさですが、口の奥に入らないくらい大きいものは好ましくありません。 ヘッドが大きい方が磨くのに時間が掛からないというメリットもありますが、デメリットの方が大きいので、素直に標準、または小さめのものを選びましょう。   ブラシの堅さは、標準、もしくは柔らかめがおすすめです。 硬めの歯ブラシは、柔軟性、弾力性に欠けているので、ブラッシングの際にしなりがあまりできず、使い勝手が良くありません。 また、硬いと歯茎を傷めやすく、血が出やすいという難点もあります。 スポンサーリンク   ブラシの毛先は、細い方がより歯と歯の間に入りやすく、綺麗にしやすいのですが、すぐに開いてしまうという難点もあります。 程々の細さの方が長持ちしやすいですが、ある程度短いサイクルでの買い換えも視野に入れるなら、細い方が良いでしょう。   そして、意外と重要なのがグリップの長さです。 一見、あまり重要ではないように思われる部分ですが、グリップがしっくりこないと非常に磨き難く、結果としておざなりな歯磨きになり、口臭の原因が放置されたままになる事が多いのです。 短すぎず、長すぎず、自分の手に合った適度な長さの歯ブラシを見つけましょう。   スポンサーリンク