bad breath

口臭に対する考え方の違い

スポンサーリンク 口臭に対する考え方は患者と医師の間で大きく隔たっていると考えられます。 大学病院などの口臭外来でそのことがよくわかります。 医学的研究の立場から口臭はいくつかに分類されています。 そして、明らかに病気が原因と思われるものは、その病気の治療を行います。 また、口臭は認められるけれども原因となる病気がないものは、治療の必要がない口臭となるのです。   社会通念上で許容できる範囲の口臭であるとみなされるのです。 インターネットを調べてみると、日本人は口臭に対して非常に敏感な民族であると言われています。 しかし、口臭外来が繁盛しているわけではありません。 本人が口臭を気にしても、医師は気にしなくていいですよと言うだけだからでしょう。 もちろん、適切な歯磨き方法などアドバイスはもらえるでしょう。 スポンサーリンク   ただし、日本人の多くが人の口臭を容認できないものと考えていると言うこともちょっと違和感があります。 昼食後に歯磨きをしない人は多いですから、午後は確実に口臭が強くなっているはずです。 それでもビジネスに影響を与えることはなく、多くの人が口臭を気にしていると言うこと自体が考え過ぎではないかと思われるのです。 そうでなければ、気にはしているけれども容認していることになるのです。   病院の医師の考え方が一般的なのか、口臭を気にしている人が多いと言う考えが一般的なのかを見極めることが大事です。 もちろん、自分が気にしているだけだとも考えられます。   スポンサーリンク

bad breath

口臭に対する国ごとの考え方

スポンサーリンク 国毎の文化に大きな違いがあるように、口臭に対する考え方はその国毎に大きく異なっています。 白人の習慣として、相手に頬ずりをしたりキスをしたりすることがあいさつ代わりとなっています。 この時に口臭があることは、重大なマナー違反と考えられているのです。   したがって、日本のように口臭外来はありません。 小さなころから、口臭予防が習慣付けられているからです。 日本に歯ブラシが入ってきたのは戦後になってからです。 それまでの日本人は口臭を気にする人などいなかったのです。 もちろん、口臭を予防するだけではなく歯の健康を守るためにも歯磨きは推奨されるべきです。 しかし、日本人がアメリカ人よりも体質的に口臭が強いと言うことではないのです。   アメリカ人でも食事の直後は口臭がします。 人為的な手段で素早く口臭を消すことが当たり前になっているのですね。 外国の薬局に行くと、ブレスケアの商品が店舗の一角を占めているのです。 日本だけではなくアジア圏では口臭に対する考え方は同じようなものです。 それでも食べ物の種類によって、口臭の程度は異なるようです。 食習慣と文化には大きな関係があるのですね。 過去の習慣を肯定しているわけではありません。 悪いところは今からでも改めるべきでしょう。 歯磨きをこまめに行い、できるだけ口臭を抑える努力をしなければならないのです。 スポンサーリンク   生理的口臭と呼ばれるものは、意識的に抑制しなければ避けられないものです。 口臭外来ではこの種類の口臭は病気ではないと考えられており、治療の対象とはなりません。   スポンサーリンク