旅行

夏休みの家族旅行計画の賢い立て方

スポンサーリンク さて、夏休みです。 家族がいます。 旅行に出かける、ということになりました。 さて、どこに行きましょうか? もちろん好きに決めたらいいのですが、いつどこにいくか、いつ、どうやって決めましょうか。 日本のカレンダーでは、だいたいGWという大きな連休の、次の大きな休みが夏休みであるわけですが、GWが終わった時点で夏休みの旅行の予定がもう決まっているという人は、あんまりいません。   あるアンケートによると日本人の3%くらいだそうです。 ぎりぎりになってから焦って決める人が六割、夏休みに突入してから夏休みの旅行の計画を立て始める人が四割強、ですが46%の家庭においてママが旅行先の決定権と計画立案権を握っているそうですので、自分に決定権が無い場合はおとなしくしていましょう。 珍しいことでもないので。 さて、経験や勘だけで行先を決める人も中にはいるかもしれませんが普通は事前に情報集めをしますね。 旅行会社のパンフレットをもらう、観光情報誌を読む、そして、昨今ではすっかり定番となっているのが、インターネットでの情報収集です。   で、情報を集めたのはいいとして、「行先選び」の段階から、パッケージになっているツアーにただ申し込むだけの場合もあれば、まったく目的を定めない行き当たりばったりの気まま旅まで、旅行にはさまざまなスタイルがあります。 人生それぞれですから好きにしたらよいのですが、北風小僧の勘太郎ならいざ知らず家族で夏に旅行する人が行き当たりばったりをやるのはほどほどにしておきましょう。 最低限、泊まる宿の予約くらいは事前にしておいた方が身のためです。   最低限、旅行に出発するにあたって、決めておかなければならないのが、まず交通手段です。 車で出かけるのか、それとも徒歩で旅をするのかすら決めずにドアを開けて外に出る人は世の中にまずいないことでしょう。 徒歩、自転車、オートバイなどというのも旅行の手段ではあり、特に北海道などではそういう旅行者をよく見かけるのですがだいたい一人旅か、そうでなくても若者です。 家族連れでバイクで旅をするということはあまりないと思われますので、一般的な交通手段は、自家用車、飛行機、そして電車の三つにほぼ絞られます。   あえて付け加えるとしたらカーフェリーくらいですが(たとえば四国西岸から九州へは、橋はかかってませんが、カーフェリーがあるので車で移動できます)、いずれを選ぶかは、旅の目的、自分が車をそもそも持っているのかどうか、その他もろもろ、諸条件によって変わってまいります。 次に最低限、家族旅行ならしておくべきは、宿をあらかじめ決めて、予約を入れておくことです。 てきとうに観光地に繰り出して宿を探したら夏休みのピークシーズンで一軒もあいてなくて家族で車中泊、というのは、シャレになりませんし、一生家族に根にもたれること請け合いですのでやめておきましょう。   家族連れの場合、予算や立地などはまあ当然として、子連れの客をそもそも歓迎しているような宿であるかどうか、事前に見極めることが肝心です。 へたにはんぱに高級なホテルより家族経営の民宿の方が対応がよかったりする場合もなきにしもありませんので。   旅行にはスケジューリングというものがあります。 まず、宿の手配が済んでいれば、それが基点となって、そこから日帰りで行ける観光やレジャースポットなどを巡るのが一般的ですが、一時間単位でスケジュールを決めて出かける人もいれば、周辺に何があるのか宿についてから調べて(たいがいの観光客向け宿泊施設は、周辺観光施設のパンフレットくらいは置いているものです)てきとうに繰り出す、という人もいます。 スポンサーリンク   どちらがいいとかどちらが正しい、というものではないのですが、特に小さい子供がいる場合、どんな不測の事態が起こるか分かりませんので、狂うと困るようなスケジューリング(たとえば、宿以外に、ナイトクルーズの予約を入れていたとして、子供が昼間旅の疲れで熱を出して行けなくなった、なんてことはざらに起こるわけです)はほどほどにしておいた方が身のためです。 […]

旅行

夏の定番花火大会へ行く場合の注意点

スポンサーリンク 夏のおでかけの定番のひとつといえば、老若男女既婚未婚子連れを問わず、花火大会です。 しかしたいがいの場合、やったらめったら混雑し(そうでないところもあるでしょうが、そうでないところに行く機会は原理的に少ないでしょう)、なかなか難易度の高いおでかけスポットでもあります。 ここでは、小さい子連れで花火大会に行く場合の、ちょっとしたコツをご紹介します。 まずどの花火大会を選ぶかです。 理想は、近いことです。 家から徒歩で行けるところでやっているなら、難しく考える必要はありません、そこに行くべきです。 自宅からマイカーで通える範囲にあるならそこにしましょう。     宿泊の場合、なるべく、宿から近いところ、がいいわけです。 子供は長時間集中できません。 帰りたい、と泣き出すかもしれません。 花火などどうせ来年もやっています。 そんなときは無理せず、すぐに帰れる環境を整えておきましょう。 次に大切なのは、その花火大会についての事前の情報収集です。   近所なら別にいいですが、遠出するなら、アクセス、周辺に何があるか、観賞のための場所、混雑状況についての予測など、今は何でもインターネットで調べられる時代ですから、簡単に調べられる程度のことは調べておくにこしたことはありません。 また、事前に調べればわかりますが、事前の場所取りが何時間も必要なような場所は、特に子供が小さい場合、なるべく避けましょう。 あれは大人でも辛いものです。 まして子連れで、花火が始まるまで何時間も耐えるというのはあまり現実的ではありません。   夏のおでかけの定番といえば花火大会で、わざわざおすすめするまでもなく家族連れカップルその他もろもろでごったがえしているわけですが、定番であればこそ、定番であるがゆえに、いろいろと失敗の起こりやすいイベントでもあります。 ここでは、当日の行動の注意事項をいくつかご紹介します。 まず、飲み物と軽食は、持参しましょう。 小さい子供がいる場合、絶対に、持参しましょう。 現地で調達すればいい? そこにコンビニはありますか? まあ、あるとしましょう。 場所はわかりますか?   初めての場所で、道に迷ったら目も当てられません。 そして何より問題なのが、同じことを考える人が大勢いますので、花火大会周囲数キロのコンビニは全部大行列、という事態が、世の中にざらにあります。 体力のある若者ならコーラ一本並んで買うのもいいかもしれませんが小さな子供を連れてやることではありません。 大泣きされでもしたら大いに迷惑であり、やむなく行列を離れる事態になるやもしれません。 […]

diet

脚やせ効果のあるダイエット方法

スポンサーリンク 足の太さがコンプレックスになっていて、足やせダイエットをしている女性は大勢います。引き締まった細い足に憧れを抱き、自分もそうなりたいと思っている女性は少なくありません。足の太さが気になる女性の救世主となってくれるアイテムが足やせの効果が期待できるダイエット器具です。ダイエットに使う足やせ用の商品は、ネットのダイエット用品販売店でも通信販売で注文すればすぐに届きますので、便利です。   ダイエット用品を使って、足やせ効果があるという運動を行うことで、効果的な足やせダイエットを行うことができます。ダイエット用品を家に置いておけば、わざわざエステやジムに通わずとも、思い立った時に自宅でダイエットをすることが可能です。ちょっとした時間の合間を利用して、足やせ効果があるダイエットができることも、評価の高いポイントです。   インターネットの口コミサイトを確認すると、足やせ効果があるというダイエット用品を利用した人が、非常に満足していることがわかるでしょう。ペダルを漕いで足を細くするタイプのダイエット器具であれば、美容効果を実感できるだけでなく健康維持にも高い効果を発揮してくれます。足やせに使うダイエット器具の強みとしては、家の中に置く時にそれほど手間がかからないことや、扱いに特に技術を要しないこと、すぐに使い始められることがあります。 スポンサーリンク   年配の人でも、家の中に設置しておけるようなダイエット用品であれば、軽い気持ちで使い始めることができるでしょう。足やせ効果があるダイエット器具は、下半身のシェイプアップをはかりながら、健康のためにも体を動かしたいという人に適しています。   スポンサーリンク

Acne Care

ニキビの芯を取り出す効果的な方法

スポンサーリンク ポツッとできたニキビの中央に見える白っぽい芯(コメド)、指で押すとすぐに取り出せそうに見えます。しかし、指や爪で押し出すのは、お肌にとって良くないという人もいます。気になるニキビの芯、取るのはNGなのでしょうか。ニキビの芯は、場合によっては取り出す方が回復が早くなることがあります。でも、ニキビの状態によっては取らない方がいいニキビもあります。   ニキビの芯をとってもいいのは、白ニキビと黒ニキビです。白ニキビは、毛穴に詰まった皮脂が白っぽくなっている状態です。それが酸化して黒っぽくなると黒ニキビになります。白ニキビと黒ニキビは、まだニキビ菌が増殖していないので、芯を取りだしす方が、ニキビを早く治すことにもなります。ただし、正しい方法で行わないと、アクネ菌を増殖させることにつながり、ニキビが悪化する原因になります。   ニキビ芯をとってはいけないニキビもあります。それは、赤ニキビです。赤ニキビは、アクネ菌のために炎症を起こしていて、すでに皮膚の奥にある真皮層にまで達しています。この赤ニキビの芯をとってしまうと、最悪の場合、クレーターのようなニキビ跡になってしまいます。赤ニキビは、つぶさないで小さくなるのを待つしかありません。   皮膚科を受診して相談してみると良いでしょう。ニキビの芯の取り出し方ニキビの芯は、指や爪で押したり、ピンセットで引き抜く人もいるようです。しかし、これはかなり危険な方法といえます。指やピンセットから菌が入ってしまうと、ニキビが悪化したり、ニキビ跡になる危険があります。また、指で強く押して刺激することにより、肌に負担をかけるため色素沈着を引き起こすこともあります。 スポンサーリンク   ニキビの芯を取りだすときには、コメドプッシャーというものを使います。患部と手、コメドプッシャーを洗い清潔にしたあと、コメドプッシャーをニキビに当てて芯を取ります。芯を取った後は、毛穴がへこんだ状態になっていますが、指で触らないようにしましょう。手で触れると雑菌が入り悪化する原因になります。雑菌が入らないように、清潔なガーゼなどでふたをしておくのがおすすめです。   ニキビを早く治すには、ニキビ専用コスメを利用するのがおすすめです。ニキビの芯を出してしまったあとも、こまめに保湿ケアを行うようにしましょう。ニキビケアにおすすめなローションは、ニキビの芯は取り出すことで、ニキビを早く治すことが可能です。でも、やり方を誤るとニキビを悪化させたりニキビ跡の原因になります。正しい方法を理解してからおこなうようにしてくださいね。   スポンサーリンク

diet

太ももシェイプアップには、マッサージとエクササイズがおすすめ

スポンサーリンク ダイエットがなかなかうまくいかない場所というと、太ももが挙げられます。太ももを細くするためには足の運動をすればいいと思いがちですが、ウォーキングなどでは太ももはスリムにはなりません。太ももを引き締めるためにとウォーキングを継続しているのに、スリムアップがはかれないという方もいます。脂肪がついてしまった太ももは、セルライトとなってしまい、脂肪が落ちにくい状態になっていることがほとんどです。   太ももに溜め込まれている皮下脂肪を効果的に燃焼させるには、まずはマッサージを行ってセルライトを揉みほぐし、代謝を促進するといいでしょう。一旦太ももに脂肪が蓄積すると、マッサージ等で血液の流れをスムーズにしないとダイエットが進まなくなります。マッサージのほかにも、手軽に太ももを引き締めることができる方法がいくつかあります。   床に背をつけて横になり、足を天井側に伸ばし、広げて、閉じるという運動を繰り返すことで、エクササイズの効果があります。太ももの内側にある筋肉を強化する作用がありますので、1日20回から50回を目標に続けると、徐々に太ももを引き締めることが可能になるといいます。しかもヒップアップ効果も見込めるということから、一石二鳥となるダイエット運動なので、太ももが気になる人にはおすすめです。 スポンサーリンク   場所や、時間の制限もありませんので、スケジュールがつまっている人も、やりくりをして運動を続けられます。テレビを視聴している間、運動をするというのもいい方法です。ハードな運動ではなく、気軽にできるながら運動ですので、運動は好きではないという人でも続けられるでしょう。   スポンサーリンク