旅行

秋に訪れるオーストラリアの人気観光スポット

スポンサーリンク 秋に訪れるオーストラリアの人気観光スポット   あなたはオーストラリアがヨーロッパ全体と同じくらいの大きさであることを知っていましたか? これは、全国各地で探索することがたくさんあることを意味します – いくつかの目的地は秋がとても素晴らしい季節です。   オーストラリアの秋、または世界の一部の地域で知られている秋は、訪れるのに最適な時期です。 まだ暑いですが、夏ほど暑くはないので快適に過ごせます。また、シーズンオフの料金で予算を抑えることができます。   「どんな季節に訪れても、本当にオススメの目的地があります」と、手頃な価格の5つ星の休暇を専門とするオーストラリアの旅行サイト、LuxuryEscapes.comのCEO、シュワブ・アダム氏は述べています。 その中でも盛り上がる祝日にオススメの場所がいくつかあります。   バイロンベイ   「バイロンベイは一年中人気のある行き先ですが、ビーチサイドの町は毎年バイロンベイブルースフェストの間に活気づきます」とシュワブ氏は言います。 「受賞歴のあるフェスティバルでは、5日間にわたって200以上の公演が行われ、Bob Dylan、Robert Plant、James Brownなどがここで演奏しました。」   オーストラリアでは3月が正式に秋の最初の月になりますが、バイロンベイはまだ気温も穏やかな日が多く、世界一流の白い砂浜がこの国のこの特別な地域を象徴しています。   滞在先:人混みから離れて、バイロンベイの町の中心部からわずか2kmに位置するワテゴスビーチで贅沢にリラックスしてください。 “豪華でエレガントな宿泊施設の場合は、ビクトリアのワテゴスのゲストハウスを予約してください。 シュワブ氏は、特にロマンチックなひと時を過ごすカップルのために、滞在するのにシックでオススメなな場所だと述べています。   シドニー   エメラルドシティは、毎年恒例のゲイとレズビアンのマルディグラの期間が色鮮やかなパーティー色に変わります。毎年3月に行われるパレードです。 早めに行って、最高のポジションを取り、虹色の服を着るのを忘れないでください!   「食品愛好家はまた、同じ月にセンテニアルパークの絵のような環境の中で行われるシドニーの有名なフードフェスティバルを好むでしょう。 4日間のお祝いには、シドニーの最高級の飲食店、ワイナリー、プロデューサーをすべて1つの場所で試すことができます」とシュワブ氏は言います。 […]

旅行

オーストラリア、アーリービーチを訪問する11の素晴らしい理由

スポンサーリンク ケアンズやブリスベンのようなクイーンズランド州のホットスポットからはかなりの距離ですが、アーリービーチは訪れる価値があります。 グレートバリアリーフだけでなく、世界的に有名なウィットサンデー諸島の本拠地でもあります。エアリービーチを訪問するのにさらに理由が必要な場合は、読んでください。   素晴らしい天気   エアリービーチは亜熱帯気候であるため、年間を通して晴天の恩恵を受けます。 夏は雨季でもクラゲシーズンでもあり、気温は最高32℃に達することがあります。 しかし、エアリービーチは実際には隣接するウィットサンデー諸島よりも降雨量と湿度が少ないです。 冬は1日の平均気温が23℃となるので、6月から10月までの間にご訪問ください。   ホワイトヘブンビーチの本拠地   ホワイトヘブンビーチは世界で最も有名なビーチのひとつに値する。 ウィットサンデー諸島で最大のウィットサンデー島に位置しています。 エアリービーチからボート、ヘリコプター、または飛行機でのみアクセス可能です(予算によります)。 この浜辺の純粋なケイ砂は7キロメートル(4.3マイル)伸びており、コーラルシーの紺碧の海と組み合わせると、なぜ受賞したのかが簡単にわかります。   最高の島巡り   エアリービーチは、74のウィットサンデー諸島への入り口です。 開発された島は、ハミルトン島、ヘイマン島、サウスモール島、デイドリーム島、ロング島、リンデマン諸島の7つだけです。 残りは冒険好きな旅行者に探されるのを待っているところです。 高級リゾートでしばらく滞在するか、エアリービーチからの日帰り旅行でウィットサンデーを発見してください。   グレートバリアリーフ   さらに言えば、人々がアーリービーチを訪問する主な理由は、グレートバリアリーフへのアクセスのためです。 アーリービーチには、グレートバリアリーフでの様々な体験を提供するツアー会社がいくつかあります。 あなたはボートで一晩滞在するか、公認ダイビングをするか、またはアウターグレートバリアリーフのいくつかの異なる場所でシュノーケリングをすることができます。 グレートバリアリーフを故郷と呼ぶ美しい生き物を見る機会をお見逃しなく。   トータルツーリストタウン   エアーリービーチは観光用に作られています。 […]

旅行

おすすめ家族海外旅行の行き先(台湾・ハワイ・オーストラリア編)

スポンサーリンク 家族旅行でお出かけする海外の旅行先として、おすすめの国を具体的に挙げてご紹介してゆきましょう。 高齢者にもお子様にもどのような年齢のかたにも真っ先におすすめしたい海外は、台湾です。 台湾は、沖縄本島よりやや南に位置する島国ですので、まず第一のおすすめ理由は日本からの距離が非常に近く、飛行機に乗っていても疲れないことですね。 また、飛行機の発着時間を調整することで、出国当日も帰国当日も観光が可能なため、旅行日数が短くてすみます。 これらを考えれば、小さなお子様連れでも高齢者でも不安なく一緒に行けそうな気がしませんか。 さらに台湾という国は、大変な親日国家でありますから、日本人に大変優しく、親切なかたが多いです。 実際、台湾を旅した日本人のかたは、ほぼ全員が台湾を好きになったと話しています。 旅行するのに困難を感じない国は意外と多いのですが、「快適に」旅が出来るという点では、台湾は三本の指には入るでしょうね。 気候は沖縄県に似たような感じで、夏は暑く、冬は比較的温暖なので、冬休みでも過ごしやすいでしょうね。 常夏ではありませんから、冬に「暑さ」を期待してはいけません。 夏は暑いと申しましても、やはり赤道直下ではありませんので、日本の南部と同等の夏を想像すれば良いでしょう。 ですので、夏休みの家族旅行先として選んでも問題ないでしょう。 夏休みであれば、もちろん台湾でも海や浜辺で泳いだり、マリンスポーツを楽しむことが出来ますし、街歩きも楽しいです。 食事も、問題ありません。 日本人の口にとても合う味付けですので、中華料理が苦手とおっしゃるかた以外は、食事の楽しみもありますね。 台湾の観光見所は寺院が多いのですが、自然景観も素晴らしいものがありますし、夜になるとたくさんの屋台が出て賑わう「夜市」もとても楽しいです。 ご家族みなさんで楽しめて、安心して旅ができる台湾、ご検討してみてください。   今も昔も日本人が大好きな海外の旅行先第一位のハワイ。 やはりハワイはおすすめの旅行先からは絶対に外せない島ですね。 どうしてあんなにハワイが人気なのでしょう。 多くのかたは気候が大変に過ごしやすいということを挙げますし、また別のかたは、数多くのマリンスポーツが安全に楽しめることを挙げます。 さらに別のかたは、のんびりと快適で安全なリゾート地でありながら、ショッピングや観光など多様な楽しみかたが出来ることを挙げます。 中には、だいたいどこでも日本語が通じるから滞在しやすいと言うかたもいらっしゃいます。 とにかく、これら全てが揃っている海外の地がハワイなのですね。 そして、これだけ様々なものが整っているということは、幅広い年齢層にウケが良いということでもありましょう。 誰が行ってもそこそこ楽しむことが出来るのですから、家族旅行としては最適といって間違いないと思います。 現に、家族旅行の行き先でもハワイは常に上位です。 お聞きになったことがあると思いますが、ハワイは常夏の島と言われているわりに、乾燥した気候ですので、日本のようにジメジメした暑さではなく、過ごしやすい暑さだと言われています。 そうであれば、夏休みにお出かけするもよし、冬休みにお出かけするのも良いでしょう。 日本との温度差を考えれば、夏休みをおすすめしますが、健康や体調管理に自信のあるかたは冬休みでも良いと思います。 また、ハワイは英語が話せなくてもほとんど困ることがありませんから、そういった意味でもどなたにもおすすめ出来るのですが、ショッピングもマリンスーツも興味がないかたは、オワフ島以外の島めぐりも候補にいれておくと良いですよ。 ハワイの食事は基本的にはアメリカ風のものが多いです。 しかし、日本人の観光客が非常に多いので、日本食のレストランも多数ありますから、食事につきましても安心してください。 […]

旅行

近隣諸国:オーストラリアとニュージーランド

スポンサーリンク オーストラリアとニュージーランドの国々は、世界の大部分から遠く離れているかもしれませんが、隣国である二つの国は親しい隣人になります。   両国は強い関係を享受しており、互いに3.5時間の飛行機での距離にすぎませんが、両者には違いがあります。   オーストラリアもニュージーランドも、魅力的で重要な歴史から発展したユニークで繁栄している文化、そして世界中から観光客を引き寄せる独特で謙虚な風景が溢れている国です。   オーストラリアについて   770万平方キロメートル未満に及ぶオーストラリアは、「ビッグアイランド」と呼ばれているにもかかわらず、世界で最も小さい大陸です。 オーストラリアは赤道の南に位置し、インド洋と太平洋に接しています。 ヨーロッパ、中東、北アメリカおよびアジアの大部分との関係で南に位置するおかげで、オーストラリアはほぼ普遍的に「下の土地」として知られています。   国は州と領土で構成されています。 オーストラリア本土の州には、ニューサウスウェールズ州、クイーンズランド州、サウスオーストラリア州、ビクトリア州、ウエスタンオーストラリア州があります。   国内の領域には、ノーザンテリトリーとオーストラリアの首都キャンベラの本拠地であるオーストラリア首都特別地域があります。 オーストラリアの他の有名な都市には、ニューサウスウェールズ州に位置するシドニー、ビクトリア州に位置するメルボルン、クイーンズランド州に位置するブリスベンがあります。   2019年現在、オーストラリアの人口は約2500万人と推定されています。 非常に多文化の国であり、オーストラリアは、植民地化以来、1950年代のイタリア、ギリシャ、その他の西ヨーロッパのチェーン移住者など、世界のあらゆる場所からチェーン移民を受けてきました。 東南アジア、中東、そしてアフリカから他の大勢の移民がやってきて、それらはすべて多様でカラフルなオーストラリアの文化的気候をもたらしました。 スポンサーリンク   オーストラリアの先住民の方言など、オーストラリア全土で多くの言語が話されているにもかかわらず、この国の主な言語は英語です。   オーストラリアの政府は立憲君主国であり、その主権者は現在はエリザベス2世である英国王室の長である。   ニュージーランドについて   ニュージーランドの総面積は26万8000平方キロメートルです。 それはオーストラリアの南東に位置しています、そして船によるものを含めて、両者間の多くの商業旅行があります。 ほとんどのクルーズ船では、オーストラリアからニュージーランドまでの航海時間は約3日間です。   2つの主要な島がニュージーランドの大部分を占めています。 […]

未分類

オーストラリアを訪れるのに最適な時期は?

スポンサーリンク オーストラリアはおおよそヨーロッパ大陸全体の大きさなので、その国の気候は非常に多様です。 しかし、熱帯のトップエンドでも、凍りつくようなタスマニアでも、日当たりの良いシドニーでも、メルボルンでも、毎年、毎月特別な見どころやアクティビティが楽しめます。   1月 1月はオーストラリアの夏の真っ只中に激しい衝撃を与え、観光にとって最も忙しい月となります。 暖かい天候は、冬の間に寒くなるオーストラリアの南海岸線を探索するのに最適な時期です。 ビクトリアのグレートオーシャンロードを走り、国境を越えて南オーストラリア州へと続き、ビーチでひと泳ぎするのに十分なほど暖かいうちに、本当に壮観な海岸線を体験してください。 世界一のテニス選手が全豪オープンのために町に転がる月の最後の2週間、スポーツファンがメルボルンに集まります。   メルボルンの気温:26°C(79°F)   メルボルンの平均降水量:9   2月   2月は、ピークシーズン中に混雑している国の隅を探索するのに素敵な時期です。学校の休日の後、教室に戻ってきたすべての子供たちは夏の天候にまだまだ本格的です。 西海岸のトリート – 活気に満ちた西オーストラリアの首都パース、ロットネストのクォッカで覆われた島の楽園、フリーマントルの歴史的な港町、マーガレットリバーの世界一流のワイナリー、そして南西近くの同様に印象的なビーチ – すべて この晴れた時期に特に明るく輝きます。 海沿いの彫刻も3月上旬にパースのコッテスロビーチの手付かずの砂を引き継ぎます。   パースの気温:32°C(89°F)   メルボルンの平均降水量:2   3月   南オーストラリア州のコンパクトな首都では、文化の催し物がぎゅうぎゅう詰めです。3月はアデレードでのフェスティバルの月です。 見出しイベントは、南半球最大のフリンジフェスティバル(折衷的なアデレードフリンジ)、カラフルなアデレードフェスティバル、活気のあるWOMADelaideの音楽、芸術、ダンスの祭典、そしてアデレード500 V 8スーパーカーレースです。 […]