旅行

インド・ムンバイ空港のお役立ち情報

スポンサーリンク ムンバイ空港はインドへの主要なエントリーポイントの一つです。 これは国内で2番目に忙しい空港(デリーの次に)であり、年間4500万人以上の乗客を処理しています – そして、ただ1本の滑走路があります! 空港は2006年に民間事業者にリースされ、大幅な改装とアップグレードが行われました。   ターミナル2は、2014年1月に発足し、2014年2月に国際線用にオープンしました。 国内航空会社は現在、段階的にターミナル2に移動中です。   空港名とコード   チャットラパティー・シヴァージー国際空港ムンバイ(BOM)。 それは有名なマハラシュトリア人の戦士の王にちなんで名付けられました。   空港連絡先情報   空港のヘルプライン:022 66851010。   ウェブサイト:https://csia.in/   空港の場所   国際線ターミナルはアンデーリーイーストのサハールにあり、国内線ターミナルはサンタクルスにあり、それぞれ市の北30キロ(19マイル)と24キロ(15マイル)のところにあります。   市内中心部への旅行時間   コラバまで1時間半から2時間。 しかし、朝の早い時間や交通量が少ない夜の遅い時間は、旅行時間がずっと短くなります。   ムンバイ空港ターミナル1(国内)   ムンバイ空港の国内線ターミナルには、1A、1B、および1Cの3つの構造があります。   […]

旅行

夏の旅行は紫外線対策をしっかりとしましょう

スポンサーリンク むかし、夏の子供はこんがりと日焼けしているのが健康的である、と日本では一般的に信じられていました。 日光を浴びないと体に悪い、とも。ある程度までは正しいです。 人体には日光を浴びることでしか合成されないビタミンがあり、それが発育にかかわっているので、一日24時間地下室などで暮らしていると、確かに体に悪いです。 ただし、そのビタミンの合成に必要な、日光浴の時間は、最近になって正確に分かったのですが、冬場で15分程度、夏ならば一日5分程度で十分であったそうです。 また、逆に、日光に含まれる紫外線が人体に与える悪影響についてもよく知られるようになり、1998年には、母子手帳から「日光浴のすすめ」の章が抹消されています。 ごくかいつまんで申し上げると、紫外線は、たとえ子供のうちであっても、将来のしみ・そばかすの原因になります。 男の子ならまだしも女の子の場合、遠い将来に禍根を残すことになりますので、年ごろになった娘から恨まれる愚を犯したくなければ、赤ん坊のうちから、親の立場からのUVケアを心がけるようにしましょう。 まあ、日常生活程度ならばともかく、特に夏場、海水浴などに出かける際は、日差しが強いですから、帽子、サングラス、日焼け止めクリーム、UVカットスプレーなどを活用するようにしましょう。 もうひとつ重要なのが、UVカットのリップクリームです。 イメージしにくいかもしれませんが唇は意外と直射日光に弱く、日光が唇のかさつきの原因になることが知られています。 スポンサーリンク   夏の子供はこんがりと日焼けしているのが健康的だ、と信じられている時代は、過去のものとなりました。 おおざっぱにいって、紫外線は体に悪いです。 日光をまったく浴びない生活も毒なのですが、日本人が日本人として常識の範囲内で生活している限りはその点について心配する必要はありません。 それより紫外線の心配をした方がいいです。 皮膚がんの原因などにもなるのですが、もっと近々の問題としては、美容に悪いです。 赤ん坊は自分の肌にしみができたからといって文句は言わないでしょうが年ごろになってからの娘に文句を言われるのは将来の自分です。 特に、夏場のエンターテイメント、海水浴は要注意です。 最近は、ラッシュガードと呼ばれる、紫外線対策のために全身を覆うタイプの水着も出てきています。 帽子もあります。 おすすめの商品は、エポカルボニータスイムウェア、ならびに、エボカルマリンスイムウエア&キャップ、です。 また、油断していると意外と日焼けを起こしやすいのが、足の甲。 ビーチサンダルは、酷熱の南国では危険です。 マリンシューズと呼ばれる、足全体を覆う靴が売られていますので、それを利用しましょう。 また、特に沖縄など、直射日光が尋常でないことが当たり前の地域に出かけていく場合の注意事項があります。 そういう地域に住んでいる人は、夏場、日光のきつい真昼間、いくら慣れているといっても、いや慣れているからこそ、そもそも外に出ません。 真夏の沖縄で真昼間から海水浴をして日に焼けすぎた挙句に皮膚科送りになる患者はだいたい遠来の観光客だそうです。 くれぐれも気を付けましょう。     スポンサーリンク

旅行

トロントの天気:気候、季節、および月平均気温

スポンサーリンク トロントの気象条件について少し知っておくことは、荷造りする際により良い決断を下し、予想外の必需品を買わなくても済むようにするのに役立ちます。 あなたの訪問中にトロントが経験するかもしれない他の天気のパターン。   トロントには、夏、秋、冬、春の4つの季節があります。モントリオール、シカゴ、ニューヨークなど、他の北米の都市と同じです。 一般的に、トロントの気候はモントリオールよりもやや穏やかで、ニューヨークシティと似ています(ただし寒いです)。   トロントを訪れるほとんどの旅行者は、冬は寒くて雪が降り、夏は暑くて湿度が高い場合があります。 秋や春でも、訪問者は涼しい夜に備えて十分に準備できない傾向があります。 その太陽が消えると、一気に寒くなることがあります。 荷造りや計画の選択を手助けするために、トロントの気候について知る必要があるのはこれだけです。   気候情報   最もホットな月:7月(平均最高気温:81度F、最低気温:65度F)   最も寒い月:2月(平均最高気温:32°F、平均最低気温:20°F)   最も新しい月:6月/ 7月(平均降水量:2.5インチ)   最も吹いている月:1月(平均風速:14 mph)   水泳に最もよい月:7月(平均海温70.5°F)    夏   トロントの夏は暑くて湿度が高いです。 地元の人々は、市内の多数のビーチや公園を訪れたり、近くのトロント諸島への日帰り旅行を楽しめます。 トロントでは、食べ物や音楽から芸術や文化まで、あらゆるものを網羅するイベントやフェスティバルが数多くあります。 トロントには、暑い日の涼みに最適な公共の屋外プールがたくさんあります。 夏の終わりは、カナダのナショナルエキシビションが乗り物、ゲーム、そしてたくさんの素晴らしい食べ物で街に繰り広げられる時です。   気温の面では、オンタリオ湖の影響で街は少し冷えますが、湿度も上がります。 […]

その他

夏のフィリピンを乗り切る方法

スポンサーリンク 4月と5月に、フィリピンの地元の人々は非常に暑くて湿気の多い気候を経験します。 そして、ほとんどの人がビーチへ向かうのに最適な時期としてこの季節を楽しみにしていますが、一度あなたが街に戻ったら、暑さから逃げることは不可能です。 フィリピンで夏を生き残るためのヒントをいくつか紹介します。   水分補給を続ける   体温を下げるために、この季節には必ずたくさんの水を飲んでください。 あなたは自分自身を水和させ続けるために食塩水またはタブレットを常備しておいても良いかもしれません。 夏は注意を払う時間でもあり、熱ストレスや熱射病を防ぐために一日中水分補給しておくべきです。   軽くて冷たい布でできた服を着る   長期間太陽の下で過ごして水分を補給するのとは別に、身に着けているものが体の体温調節に影響することがあります。 冷たい、通気性のある綿、レーヨン、シャンブレー、リネンなどの生地でできたゆったりとした服を着ることをお勧めします。 黄色やオレンジ色のような明るい色のトップスは太陽の熱をはね返すことができるので、服の色も重要な役割を果たします。   フローズンデザートや飲み物で体を冷やす   サマータイムはアイスクリーム、アイスキャンデー、そしてハローハローと呼ばれるお気に入りのアイスパイパンデザートなどの冷たい、冷たいお菓子を楽しむのに最適な季節です。 これらのフローズンデザートが甘すぎるなら、フルーツシェイク、スムージー、サゴグラマン、ブコジュースなどの冷たい飲み物はきっとあなたの渇きを癒してくれるでしょう。   モールへ   暑さが自宅で耐えられなくなりすぎて扇風機を最高速度にするだけでは涼しくならない場合は、次に検討する選択肢として、近くのショッピングモールに向かいます。 あなたが近くに住んでいるなら便利で良いですね。あなたが地元のモールの中で涼むのは、電気代の節約にもなりますね。 スポンサーリンク   涼しい場所を訪問   フィリピンは一般的に暑い季節に日焼けするのに最適な目的地ですが、すべてのフィリピン人が暑さに耐えたいとは思わないでしょう。 幸いなことに、ビーチで日焼けをしたくない人のために、あなたが数日間でも暑さから逃れるために訪れることができる全国に涼しい場所があります! パインズ市として知られるバギオ市は、夏の首都としてタグ付けされたまま、トップの座に残っています。 その他の有名な避暑地はタガイタイ市、バタンズ、サガダ、ネグロス、そしてブキドノンです。   […]