旅行

オーストラリア、アーリービーチを訪問する11の素晴らしい理由

スポンサーリンク ケアンズやブリスベンのようなクイーンズランド州のホットスポットからはかなりの距離ですが、アーリービーチは訪れる価値があります。 グレートバリアリーフだけでなく、世界的に有名なウィットサンデー諸島の本拠地でもあります。エアリービーチを訪問するのにさらに理由が必要な場合は、読んでください。   素晴らしい天気   エアリービーチは亜熱帯気候であるため、年間を通して晴天の恩恵を受けます。 夏は雨季でもクラゲシーズンでもあり、気温は最高32℃に達することがあります。 しかし、エアリービーチは実際には隣接するウィットサンデー諸島よりも降雨量と湿度が少ないです。 冬は1日の平均気温が23℃となるので、6月から10月までの間にご訪問ください。   ホワイトヘブンビーチの本拠地   ホワイトヘブンビーチは世界で最も有名なビーチのひとつに値する。 ウィットサンデー諸島で最大のウィットサンデー島に位置しています。 エアリービーチからボート、ヘリコプター、または飛行機でのみアクセス可能です(予算によります)。 この浜辺の純粋なケイ砂は7キロメートル(4.3マイル)伸びており、コーラルシーの紺碧の海と組み合わせると、なぜ受賞したのかが簡単にわかります。   最高の島巡り   エアリービーチは、74のウィットサンデー諸島への入り口です。 開発された島は、ハミルトン島、ヘイマン島、サウスモール島、デイドリーム島、ロング島、リンデマン諸島の7つだけです。 残りは冒険好きな旅行者に探されるのを待っているところです。 高級リゾートでしばらく滞在するか、エアリービーチからの日帰り旅行でウィットサンデーを発見してください。   グレートバリアリーフ   さらに言えば、人々がアーリービーチを訪問する主な理由は、グレートバリアリーフへのアクセスのためです。 アーリービーチには、グレートバリアリーフでの様々な体験を提供するツアー会社がいくつかあります。 あなたはボートで一晩滞在するか、公認ダイビングをするか、またはアウターグレートバリアリーフのいくつかの異なる場所でシュノーケリングをすることができます。 グレートバリアリーフを故郷と呼ぶ美しい生き物を見る機会をお見逃しなく。   トータルツーリストタウン   エアーリービーチは観光用に作られています。 […]

旅行

おすすめ家族海外旅行の行き先(台湾・ハワイ・オーストラリア編)

スポンサーリンク 家族旅行でお出かけする海外の旅行先として、おすすめの国を具体的に挙げてご紹介してゆきましょう。 高齢者にもお子様にもどのような年齢のかたにも真っ先におすすめしたい海外は、台湾です。 台湾は、沖縄本島よりやや南に位置する島国ですので、まず第一のおすすめ理由は日本からの距離が非常に近く、飛行機に乗っていても疲れないことですね。 また、飛行機の発着時間を調整することで、出国当日も帰国当日も観光が可能なため、旅行日数が短くてすみます。 これらを考えれば、小さなお子様連れでも高齢者でも不安なく一緒に行けそうな気がしませんか。 さらに台湾という国は、大変な親日国家でありますから、日本人に大変優しく、親切なかたが多いです。 実際、台湾を旅した日本人のかたは、ほぼ全員が台湾を好きになったと話しています。 旅行するのに困難を感じない国は意外と多いのですが、「快適に」旅が出来るという点では、台湾は三本の指には入るでしょうね。 気候は沖縄県に似たような感じで、夏は暑く、冬は比較的温暖なので、冬休みでも過ごしやすいでしょうね。 常夏ではありませんから、冬に「暑さ」を期待してはいけません。 夏は暑いと申しましても、やはり赤道直下ではありませんので、日本の南部と同等の夏を想像すれば良いでしょう。 ですので、夏休みの家族旅行先として選んでも問題ないでしょう。 夏休みであれば、もちろん台湾でも海や浜辺で泳いだり、マリンスポーツを楽しむことが出来ますし、街歩きも楽しいです。 食事も、問題ありません。 日本人の口にとても合う味付けですので、中華料理が苦手とおっしゃるかた以外は、食事の楽しみもありますね。 台湾の観光見所は寺院が多いのですが、自然景観も素晴らしいものがありますし、夜になるとたくさんの屋台が出て賑わう「夜市」もとても楽しいです。 ご家族みなさんで楽しめて、安心して旅ができる台湾、ご検討してみてください。   今も昔も日本人が大好きな海外の旅行先第一位のハワイ。 やはりハワイはおすすめの旅行先からは絶対に外せない島ですね。 どうしてあんなにハワイが人気なのでしょう。 多くのかたは気候が大変に過ごしやすいということを挙げますし、また別のかたは、数多くのマリンスポーツが安全に楽しめることを挙げます。 さらに別のかたは、のんびりと快適で安全なリゾート地でありながら、ショッピングや観光など多様な楽しみかたが出来ることを挙げます。 中には、だいたいどこでも日本語が通じるから滞在しやすいと言うかたもいらっしゃいます。 とにかく、これら全てが揃っている海外の地がハワイなのですね。 そして、これだけ様々なものが整っているということは、幅広い年齢層にウケが良いということでもありましょう。 誰が行ってもそこそこ楽しむことが出来るのですから、家族旅行としては最適といって間違いないと思います。 現に、家族旅行の行き先でもハワイは常に上位です。 お聞きになったことがあると思いますが、ハワイは常夏の島と言われているわりに、乾燥した気候ですので、日本のようにジメジメした暑さではなく、過ごしやすい暑さだと言われています。 そうであれば、夏休みにお出かけするもよし、冬休みにお出かけするのも良いでしょう。 日本との温度差を考えれば、夏休みをおすすめしますが、健康や体調管理に自信のあるかたは冬休みでも良いと思います。 また、ハワイは英語が話せなくてもほとんど困ることがありませんから、そういった意味でもどなたにもおすすめ出来るのですが、ショッピングもマリンスーツも興味がないかたは、オワフ島以外の島めぐりも候補にいれておくと良いですよ。 ハワイの食事は基本的にはアメリカ風のものが多いです。 しかし、日本人の観光客が非常に多いので、日本食のレストランも多数ありますから、食事につきましても安心してください。 […]

ニキビ

ニキビ跡ケアにおすすめの方法

スポンサーリンク ニキビができやすい人にとって、毛穴の詰まりを取り除くことができる毛穴パックはとても便利なアイテムです。しかし、ニキビ跡ケアとして、毛穴パックを使うことは正しい方法なのでしょうか。毛穴パックの選び方と使い方も併せて紹介します。   洗顔では取り切れない毛穴の奥の角栓や汚れを、毛穴パックはごっそり取り出すことができます。しかし、その分肌への負担は大きく、ニキビ跡の残る傷ついた肌には不向きです。無理に角質を引き出すことで、毛穴は広がり、汚れが溜まりやすくなるだけでなく、乾燥しやすくなったり、肌が傷つき雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。さらに、ダメージを修復しようと皮膚がさらに厚くなると、ニキビ跡はどんどん治りにくくなってしまうのです。   ニキビ跡ケアを行う際は、はがすタイプの毛穴パックの使用は避けるようにしましょう。ニキビ跡ケアには保湿が何より重要なため、ついついシートタイプのパックを選んでしまいますが、シートタイプの使用は注意が必要です。シートタイプは、肌にぴったり張り付いて保湿しますが、角質層は保湿し過ぎるともろくなる傾向があるのです。また、シートと肌の間に雑菌が入り込み、さらに炎症や乾燥がひどくなることもあります。 スポンサーリンク   ニキビ跡が気になるときは、クレイパックや炭酸パックなど肌に優しく刺激の弱いパックの使用もおすすめです。ニキビ跡には、まずなにより保湿ですが、それ以外にも肌の回復効果や美白効果、肌のターンオーバーを促す効果のある成分が配合されているパックを選ぶことで、ニキビ跡はさらに改善されて行きます。   さらに、殺菌効果があるものを選べば、新しいニキビの発生も予防できますよ。ビタミンや天然成分が配合されているもので、無添加で肌に優しいパックを使いましょう。ちなみに、炭酸は代謝をアップさせる効果があるので肌のターンオーバーを促すのにとても効果的ですよ!     スポンサーリンク

旅行

インドネシアのバリ島を旅行するときのおすすめの服装

スポンサーリンク バリ島を冒険するとき、あなたは熱帯熱、日光浴をしているビーチ、日陰のあるジャングルと高い火山を見つけるでしょう。 バリでの滞在にを選ぶなら、行く場所に応じて重ね着できる服を準備をしてください。   毎年、バリは400万人以上の訪問者に魔法の扉を開きます。 その強い慣習と伝統にもかかわらず、バリの文化は非常に歓迎されています。 あなたが宗教的な場所を訪れるとき以外は、厳密な服装規定はありません。 天気は主に暑いですが、それはあなたがビーチや山に行くかどうかによって、変わることがあります。 バリ島に旅行するときに何を着るべきか、そして一生に一度の冒険のために完璧に準備されるべきかについての我々のガイドを読んでください。   乾季と雨季   赤道から数度南に位置するバリ島は熱帯の気候です。 島は一年中湿気がありますが、南部の海岸は乾燥しています。 乾季と雨季の2つの季節しかありません。 雨季は通常10月に始まり、3月中旬に終わります。 雨季には、気温はまだ暖かいですが、ウブドやキンタマーニ、ムンドゥク、ベドゥル周辺の山々などの内陸部はかなり寒くなります。 風は海岸で荒れていて、毎日雨が降っていますが、通常午後の数時間だけです。 雨季にバリ島を訪問する予定がある場合は、必ず重ね着をして、常に(必ず)雨のポンチョを用意してください。   3 月中旬に雨季が終わると、空は青くなり、前の月からの雨のため空気は新鮮できれいです。 大歓迎の太陽は暑いですが、夕方、特に高地では、気温は心地良いです – スクーターを運転するときにはほとんど寒いです。 薄く羽織るものを着てください。   南海岸   クタ、スミニャック、チャングー、そしてウルワツのあるブキット半島を含む南部の海岸は、ビーチ、サーフィン、クラブがある島で最も人気のある目的地です。 あなたがこれらの地域を訪問することを計画しているならば、あなたの荷造りは簡単です:男の子のためのボードショーツとタンクトップまたはTシャツと女の子のためのトップとドレスまたはジーンズのショートパンツ。 水着も忘れずに! あなたがサーフィンするつもりならば、日焼けを避けるためにトップを着用してください。 不必要な「日焼け」からあなたを救うでしょう。また、帽子をかぶってください。 スポンサーリンク […]

旅行

初めての家族との海外旅行におすすめの国

スポンサーリンク あなたのお宅では、家族旅行へお出かけする習慣がありますか。 習慣とまではいかないにしても、何年かに一度くらいは家族旅行に出かけますか。 家族旅行は、帰省だけというお宅もけっこうあるようですが、今回は帰省は含まないことにいたしましょう。 あくまでも観光などを楽しむための旅行です。 家族旅行は、両親のどちらかが旅行嫌いである場合には、なかなか実行されないようですね。 多くの場合、お父さんのほうが旅行嫌いである場合が多く、そのようなご家庭では家族旅行の機会はほとんどないようです。 それでも、お子様たちに押し切られて、とうとうお出かけするハメになるお父さんもいらっしゃるようですが。 最近は、海外旅行がとても安価になりましたので、ご家族で海外旅行というのも決して珍しくはなくなりました。 まして、日本の近隣から東南アジアにかけての国々は、航空運賃も物価も安価ですので、家族旅行の旅行先として最近、人気が高まってきています。 国内旅行よりも安上がりだとしたら、海外を選びたくなる気持ちもわかります。 とくに、初めてご家族でお出かけする海外旅行でしたら、やはりこの辺はおすすめのひとつですね。 また、ご家族でお出かけするのでしたら、ご両親もお仕事が長期休暇に入っている時で、同時にお子様も学校の長期休暇に入っている時でなくてはいけませんよね。 そういたしますと、夏休みか冬休みということになりますが、寒い冬に南の国へ行くのも良いものですが、急激な温度変化などを考えますと、小さなお子様や高齢者が一緒の場合には、夏休みがおすすめですね。   今年の夏休みの旅行計画はいかがでしょうか。 家族旅行で海外をおすすめしたいところですが、検討の余地はございますか。 もしも、これから初めて家族旅行で海外にお出かけするのでしたら、いろいろと心配になることや不安になることは多いと思います。 それでも、ご両親が何度か海外にお出かけしているのであれば、それほどの心配もないでしょうが、新婚旅行に一度お出かけした程度であれば、果たしお子様を連れて行っても良いものかどうか、さまざまな心配ごとが思い浮かぶと思います。 お子様の年齢にもよるかと思いますが、小さなお子様が一緒なのであれば、やはりツアーがおすすめです。 ツアーの良いところは、あらかじめ観光が付いていることと、移動のための手段がすでに確保されているということでしょう。 ツアーによっては、食事もすべて付いているものがありますから、慣れない海外で、どこで食事をしたら良いのかという心配も不安もありません。 海外旅行の経験が少ないかたは、食事ひとつにしても、なかなか現地のお店を選ぶことが出来ないのが現状です。 さらに、自由時間に何をしてよいか、どこに出かけたら良いかなども中々決められずに、ただぼんやりと時が流れてしまうというかたも多いです。 せっかくの家族旅行で海外まで来ているというのに、それではあんまりですよね。 ですので、海外旅行に慣れていないかたは、とにかくツアーです。 自信がなければ、最初は出来るだけ至れり尽くせりのツアーを選ぶことです。 また、自由時間が多いツアーしかない場合には、オプショナルツアーがおすすめです。 しかし、あまりぎちぎちに詰め込みすぎても疲れてしまいますので、適度に余裕を持たせて、いくつか申し込んでおきましょう。 その際、お子様が退屈しないようなオプショナルツアーを選んであげることも大切です。 お子様にとって最高の夏休みをプレゼントしてあげたいですね。   家族旅行と一口に申しましても、どのような家族構成であるのかによって、注意事項も変わってきますよね。 今回は、乳幼児が含まれている場合について少しお話してみたいと思います。 乳幼児がいるから海外旅行に行けないなどということはありませんが、やはり注意すべきことはいくつかあります。 […]