旅行

おすすめ家族海外旅行の行き先(台湾・ハワイ・オーストラリア編)

スポンサーリンク 家族旅行でお出かけする海外の旅行先として、おすすめの国を具体的に挙げてご紹介してゆきましょう。 高齢者にもお子様にもどのような年齢のかたにも真っ先におすすめしたい海外は、台湾です。 台湾は、沖縄本島よりやや南に位置する島国ですので、まず第一のおすすめ理由は日本からの距離が非常に近く、飛行機に乗っていても疲れないことですね。 また、飛行機の発着時間を調整することで、出国当日も帰国当日も観光が可能なため、旅行日数が短くてすみます。 これらを考えれば、小さなお子様連れでも高齢者でも不安なく一緒に行けそうな気がしませんか。 さらに台湾という国は、大変な親日国家でありますから、日本人に大変優しく、親切なかたが多いです。 実際、台湾を旅した日本人のかたは、ほぼ全員が台湾を好きになったと話しています。 旅行するのに困難を感じない国は意外と多いのですが、「快適に」旅が出来るという点では、台湾は三本の指には入るでしょうね。 気候は沖縄県に似たような感じで、夏は暑く、冬は比較的温暖なので、冬休みでも過ごしやすいでしょうね。 常夏ではありませんから、冬に「暑さ」を期待してはいけません。 夏は暑いと申しましても、やはり赤道直下ではありませんので、日本の南部と同等の夏を想像すれば良いでしょう。 ですので、夏休みの家族旅行先として選んでも問題ないでしょう。 夏休みであれば、もちろん台湾でも海や浜辺で泳いだり、マリンスポーツを楽しむことが出来ますし、街歩きも楽しいです。 食事も、問題ありません。 日本人の口にとても合う味付けですので、中華料理が苦手とおっしゃるかた以外は、食事の楽しみもありますね。 台湾の観光見所は寺院が多いのですが、自然景観も素晴らしいものがありますし、夜になるとたくさんの屋台が出て賑わう「夜市」もとても楽しいです。 ご家族みなさんで楽しめて、安心して旅ができる台湾、ご検討してみてください。   今も昔も日本人が大好きな海外の旅行先第一位のハワイ。 やはりハワイはおすすめの旅行先からは絶対に外せない島ですね。 どうしてあんなにハワイが人気なのでしょう。 多くのかたは気候が大変に過ごしやすいということを挙げますし、また別のかたは、数多くのマリンスポーツが安全に楽しめることを挙げます。 さらに別のかたは、のんびりと快適で安全なリゾート地でありながら、ショッピングや観光など多様な楽しみかたが出来ることを挙げます。 中には、だいたいどこでも日本語が通じるから滞在しやすいと言うかたもいらっしゃいます。 とにかく、これら全てが揃っている海外の地がハワイなのですね。 そして、これだけ様々なものが整っているということは、幅広い年齢層にウケが良いということでもありましょう。 誰が行ってもそこそこ楽しむことが出来るのですから、家族旅行としては最適といって間違いないと思います。 現に、家族旅行の行き先でもハワイは常に上位です。 お聞きになったことがあると思いますが、ハワイは常夏の島と言われているわりに、乾燥した気候ですので、日本のようにジメジメした暑さではなく、過ごしやすい暑さだと言われています。 そうであれば、夏休みにお出かけするもよし、冬休みにお出かけするのも良いでしょう。 日本との温度差を考えれば、夏休みをおすすめしますが、健康や体調管理に自信のあるかたは冬休みでも良いと思います。 また、ハワイは英語が話せなくてもほとんど困ることがありませんから、そういった意味でもどなたにもおすすめ出来るのですが、ショッピングもマリンスーツも興味がないかたは、オワフ島以外の島めぐりも候補にいれておくと良いですよ。 ハワイの食事は基本的にはアメリカ風のものが多いです。 しかし、日本人の観光客が非常に多いので、日本食のレストランも多数ありますから、食事につきましても安心してください。 […]

旅行

4 月のニュージーランド:天気、持っていくと便利なもの、おすすめの観光地

スポンサーリンク 今月の気温はピークの夏よりやや涼しいですが、4月はニュージーランドを訪れるのに最も良い時期です。 肩の季節を考えると、旅行や宿泊の料金は夏のピーク旅行シーズン中よりもはるかに少ないです。   さらに、ニュージーランドの木々は変化しており、特にセントラルオタゴやホークスベイなどの地域では、色鮮やかなショーが見られます。 国はネイティブの落葉樹がありません(それらはすべて常緑です)、しかしヨーロッパの開拓者は彼らと一緒にオークとカエデのような多くの木を持ってきました。 この時期に葉を落とすと、国の多くの地域で美しい効果を生み出します。 寒いため、ハイキング、釣り、その他の野外活動にも最適な月です。   4 月のニュージーランド天気   4月の気温は大幅に下がります。 北と南の島はどちらも夜になると晴れの日の気温が晴れます。 さらに南に行くほど、もちろん気温は低くなります。   *オークランド:68 F(20 C)/ 55 F(13 C) *ウェリントン:62 F(16 C)/ 51 F(11 C) *クライストチャーチ:63 F(17 C)/ 44(7 C) *クイーンズタウン:59 F(15 F)/ […]

旅行

台湾を訪れる前に知っておくべき8つのこと

スポンサーリンク あなたがこの魅力的な目的地を探索するときに台湾での休暇がエキサイティングになることは間違いありません。 アジアで最も発達した地域の一つである台湾には、忘れられない文化体験、エンターテイメント、そして素晴らしい料理を探している旅行者をたくさん迎えることができます。 台湾の首都台北を訪れる観光客は素晴らしい時間を過ごすことができます。 しかし、あなたがよりスムーズな旅行を楽しむために台湾へ飛ぶ前に知っておくべきことがいくつかあります – それであなたの休暇をもっと楽にするためにこれらの役に立つ旅行のヒントをチェックしてください。   1. EasyCardを使って一周しましょう   EasyCardを利用する方法は、すべての旅行者が台北市を訪れる前に知っておくべきことです。 EasyCardは台北のMRTサービスへのアクセスを許可する便利なスマートカードです。 バスやタクシー、フェリー、市内のYouBikeサービスで旅行する場合も、Easy Cardで支払うことができます。 これらのカードは公共の駐車場やスーパーマーケットやコンビニエンスストアでの支払いにも使用されます。支払いが可能であることを示す特定の店舗でEasyCardのロゴを探してください。 EasyCardは台北のどの地下鉄駅でも購入できます。   2. メトロエチケットに注意する   台湾で地下鉄やバスで旅行するときに気をつけるべき最も重要なことのいくつかは、妊娠中の女性、子供、お年寄り、または障害者用の座席に座っていないことです。 地下鉄も並んで立つ時のルールがあり、地元の人々もこれについて非常に細心の注意を払っています。 さらに、通勤者が機内で食べ物、飲み物、チューインガムを飲食することは固く禁じられており、そうすることで罰金が科せられます。   3.自転車やスクーターで走り回る   台北を散策するには、ウォーキングとは別に、街の自転車乗り場、YouBikeに乗るか、スクーターを借りるのが一番です。 スクーターは台北郊外を散策するのに最適な方法です、そしてあなたも簡単に借りることができます。 台北を楽しんだり、台湾で休暇中に自転車に乗ったりして市内に連れて行ったり、市内のYouBikeドッキングステーションに駐車することもできます。   4.一列に並ぶことが大切   Picture credit  […]

旅行

留学を最大限に活用する方法:10のヒント

スポンサーリンク 海外で過ごす時間ほど多くの学習機会を提供する経験はほとんどありません。 しかし、目を閉じてみると、ふるいの中の砂のように数週間と数カ月が消えるのがわかります。 もっと良い計画? 海外への留学を最大限に活かすために、これらの10の方法であなたの時間を掘り下げて、あなたの時間を費やしてみてください。   1.出発前に整理しましょう   最後まで事務処理を任せることは大きな問題です。 あなたが行く前に、準備段階であなたに何が求められているかについて、あなたの研究アドバイザー、教授、または元留学生に質問してください。 考慮すべき重要なことには、健康保険、予算計画、ホームステイの手配、天気、および空港ピックアップが含まれます。   2. 自分の目標を設定します   あなたが外国語を習得したい、新しい専攻に飛び込む、またはあなたの夢の学位に向かって取り組むことを望むかどうかは、「留学」から「勉強」を取り除かないでください。あなたのプログラムは、とりわけ、あなたの将来のキャリアにおいて役立つ重要なスキルを習得する機会であることを忘れないでください。   3. 地域の文化に浸る   現地の言語の一部を知っていることを除いて、留学に成功した学生は飛行機に乗る前に彼らの訪れる国の文化についてできる限りのことを吸収します。 あなたを刺激する本、映画、食べ物、そして音楽を探しましょう。 文化の著名な作家、歌手、スポーツ選手、または俳優を調査し、現在の出来事を調査します。 そのようにして、あなたはすでに新しい家とのつながりを持っているように、そして会話を提供できるように自信を感じるでしょう。   4. 心を開く   このヒントはよく言われます – そしてそれには正当な理由があります。 固定観念に満ちた頭を持って留学先に到着しないでください。 代わりに、あなたの目を開いてリラックスして、文化の中で息をのんでください – あなたは海外生活についてのあなたの仮定の多くが間違っていたのをたぶん見るでしょう。 「私たちの国では違うことをしています」と考えたり言ったりせず、代わりに飛び込んで。   […]

その他

ハワイはアメリカの50番目の州です

スポンサーリンク ドワイト・D・アイゼンハワー大統領が50番目の州としてハワイをアメリカ合衆国に入れ、現在のアメリカ国旗ができました。 大統領はまた、千鳥配列で5つと6つ星の列と4つと5つ星の列で配列された50の星を特色とするアメリカの国旗になるように命令を出しました。 新しい旗は1960年7月4日に公式になりました。   ハワイ諸島の最初の知られている入植者は8世紀に到着したポリネシアの航海者でした。 18世紀初頭、アメリカの貿易業者がハワイにやって来て、当時中国で高く評価されていた島の白檀を利用しました。 1830年代には、砂糖産業がハワイに紹介され、19世紀半ばまでには確立されました。 アメリカの宣教師とプランターはハワイの政治的、文化的、経済的、そして宗教的生活に大きな変化をもたらしました。 1840年、ハワイの君主の権威の多くを剥奪し、立憲君主国が設立されました。 スポンサーリンク   1893年、アメリカ海兵隊の部署によって支援されたアメリカ人駐在員とシュガープランターのグループが、ハワイの最後の統治君主リリオカラニ女王を退任させました。 1年後、ハワイ共和国は、ハワイ生まれのサンフォード・B・ドールを大統領とする米国の保護領として設立されました。 議会の多くはハワイの正式な併合に反対し、スペインとアメリカの戦争の間の真珠湾の海軍基地の使用後、1898年までハワイの戦略的重要性が明らかになり正式な併合が承認された。 2年後、ハワイは正式な米国領に組織されました。 第二次世界大戦中、ハワイは1941年12月のパールハーバーへの日本の驚きの攻撃の後にアメリカの国民的アイデンティティにしっかりと没頭するようになりました。   1959年3月、米国政府はハワイ州の州選挙を承認し、6月にはハワイの人々が米国への入国許可を承認するために多数決で投票しました。 2ヵ月後、ハワイは正式にアメリカ合衆国の50番目の州になりました。   スポンサーリンク