bad breath

口臭に対する考え方の違い

スポンサーリンク 口臭に対する考え方は患者と医師の間で大きく隔たっていると考えられます。 大学病院などの口臭外来でそのことがよくわかります。 医学的研究の立場から口臭はいくつかに分類されています。 そして、明らかに病気が原因と思われるものは、その病気の治療を行います。 また、口臭は認められるけれども原因となる病気がないものは、治療の必要がない口臭となるのです。   社会通念上で許容できる範囲の口臭であるとみなされるのです。 インターネットを調べてみると、日本人は口臭に対して非常に敏感な民族であると言われています。 しかし、口臭外来が繁盛しているわけではありません。 本人が口臭を気にしても、医師は気にしなくていいですよと言うだけだからでしょう。 もちろん、適切な歯磨き方法などアドバイスはもらえるでしょう。 スポンサーリンク   ただし、日本人の多くが人の口臭を容認できないものと考えていると言うこともちょっと違和感があります。 昼食後に歯磨きをしない人は多いですから、午後は確実に口臭が強くなっているはずです。 それでもビジネスに影響を与えることはなく、多くの人が口臭を気にしていると言うこと自体が考え過ぎではないかと思われるのです。 そうでなければ、気にはしているけれども容認していることになるのです。   病院の医師の考え方が一般的なのか、口臭を気にしている人が多いと言う考えが一般的なのかを見極めることが大事です。 もちろん、自分が気にしているだけだとも考えられます。   スポンサーリンク

bad breath

口臭に対する国ごとの考え方

スポンサーリンク 国毎の文化に大きな違いがあるように、口臭に対する考え方はその国毎に大きく異なっています。 白人の習慣として、相手に頬ずりをしたりキスをしたりすることがあいさつ代わりとなっています。 この時に口臭があることは、重大なマナー違反と考えられているのです。   したがって、日本のように口臭外来はありません。 小さなころから、口臭予防が習慣付けられているからです。 日本に歯ブラシが入ってきたのは戦後になってからです。 それまでの日本人は口臭を気にする人などいなかったのです。 もちろん、口臭を予防するだけではなく歯の健康を守るためにも歯磨きは推奨されるべきです。 しかし、日本人がアメリカ人よりも体質的に口臭が強いと言うことではないのです。   アメリカ人でも食事の直後は口臭がします。 人為的な手段で素早く口臭を消すことが当たり前になっているのですね。 外国の薬局に行くと、ブレスケアの商品が店舗の一角を占めているのです。 日本だけではなくアジア圏では口臭に対する考え方は同じようなものです。 それでも食べ物の種類によって、口臭の程度は異なるようです。 食習慣と文化には大きな関係があるのですね。 過去の習慣を肯定しているわけではありません。 悪いところは今からでも改めるべきでしょう。 歯磨きをこまめに行い、できるだけ口臭を抑える努力をしなければならないのです。 スポンサーリンク   生理的口臭と呼ばれるものは、意識的に抑制しなければ避けられないものです。 口臭外来ではこの種類の口臭は病気ではないと考えられており、治療の対象とはなりません。   スポンサーリンク

bad breath

自分の口臭が気になりすぎる病気

スポンサーリンク 口臭を気にする人がかかる病気があります。 自臭症と呼ばれるものです。 本当に口臭があるのではなく、精神的に気にし過ぎる病気です。 口臭外来でいろいろ調べてもらっても、特別に原因となる病気は見つかりません。 それでも口臭が気になってしまうのですね。 口臭外来では一般的な口臭に対する悩み相談やカウンセリングを行っています。   自臭症の場合は、本人がその症状を自覚しているのではなく、強迫観念的な考えに陥ってしまっているのです。 したがって、口臭外来で行われる治療は精神的なケアの意味合いが強いものとなります。 口臭が全くない人はいません。 そのことばかりを気にしていては、人と話をすることもままならなくなります。 インターネットの普及で口臭を気にしている人がたくさんいるかのような印象を持つ人は多いのです。 スポンサーリンク   しかし、実際に口臭外来を訪れる人はそれほど多くありません。 気にする人は歯磨きやサプリメントを服用しているからです。 あなたも口臭についてあまり悩まないようにしましょう。 ただし、人に迷惑をかけない程度のエチケットは持たなければなりません。 一般に日本人はきれい好きと言われています。 しかし、臭いに関する感覚は鈍感なのですね。 国民性や遺伝的なものが関係しているのかもしれません。 もちろん、口臭が遺伝するわけではありません。 歯磨き粉メーカーなどの宣伝ばかりを見ていると、口臭を気にしないことが悪であるかのような気持ちになってしまうのでしょう。 暗示を受けやすい人が自臭症になるのかもしれません。   スポンサーリンク

diet

停滞期には食事バランスを見直す

スポンサーリンク ダイエットを成功させるには、停滞期を乗り越えるだけの努力と強い意志が必要となります。ダイエットをしているのに効果が出ないという停滞期中に、やる気を失ってダイエットの停滞期には、食事の内容に気を配ることがとても大切です。カロリー制限をし、運動不足を解消し、ある程度体重が減り始めると、いくら運動をしても、食事量を減らしても、体重が減らない停滞期に入ります。   停滞期になるのは、いきなりの体重減少に警戒した体が、一時的に対抗策をとるためです。本来人間の体は緊急事態に備えて食べ物を摂取できない状況が続いた時に、食事からのエネルギー吸収を通常時よりも高めて体に出来るだけ蓄えようとします。この体を守ろうとする本能的な作用が、ダイエット時に体重が減少することで、体が反応して停滞期をもたらします。   食事量を見直し、運動をして、ダイエットをしていても、停滞期になって成果が上がらなくなると、モチベーションも低下します。ダイエットを行う上でこの停滞期を乗り越えるということは非常に重要なポイントです。停滞期になったら、体が必要としている食事を、きちんと食べるよう心がけましょう。 スポンサーリンク   なかなか体重が減らないからと、絶食に近いような食事の減らし方をしたり、運動量を増やすことはよくありません。栄養バランスの整った食事を規則正しく食べて、今まで通りの運動を行えば必ずまた体重が減り出す時が来るといいます。   スポンサーリンク

bad breath

口臭を直すために考えられる方法

スポンサーリンク 口臭予防にはいろいろな方法がありますが、それは一時的に口臭を抑える場合がほとんどです。 食事の後の臭い消しですね。 病院などの口臭外来では、そのような口臭ではなく本人の努力では消えないような口臭を改善することが目的です。 口臭外来が多くの人の関心を呼んでいるのは、口臭を気にする人が増えたからですが、インターネットで出てくる口臭と意味合いが違うことを理解しておきましょう。   短時間の口臭予防ならば、梅干しや牛乳なども効果があるのです。 体内の病気が原因の口臭は、一般的な予防法ではなく病気を治療することが大切です。 抜本的な解決を行うのです。 口臭外来と聞いて、そのことに違和感を持つ人がいるのではないでしょうか。 まったく口臭がない人などいないので、病院に行くほどのことではないと考えるからです。 確かに、そのような考えを持つ人は医師の中にもたくさんいます。 スポンサーリンク   歯の治療をしても、食べかすなどが歯に溜まれば口臭となるのです。 口臭に神経を使い過ぎていると言うことですね。 あなたは自分の口臭をどのように考えていますか。 もちろん、自分の口臭がどの程度かを正確に認識することは難しいでしょう。 ただ、口臭を気にするあまり、対人関係がうまくいかなくなってしまう人もいるのです。   口臭外来がポピュラーになり、気軽に診察してもらえるようになるべきですね。 深刻な悩み相談ではなく、歯の点検をしてもらう程度のことと考えましょう。 残念ながら口臭外来は健康保険の適用を受けません。   スポンサーリンク